ゴールデン カムイ 210。 ゴールデンカムイ公式サイト

ゴールデンカムイの最新話210話について。

チカパシは手を振りながら、 「エノノカ待ってて!おれ絶対に…」 と言いかけますが、不意にソリから転げ落ちてしまいます。 よって、今聞いたことは全て胸にしまっておいた方が懸命と続ける月島軍曹。 第一話『鉄道会社のアメリカ人』『戦争が終わったらアメリカと日本の関係は悪くなる』と! 何で「桂・ハリマン協定(アメリカの鉄道王との密約)」を、それが破棄されるであろう未来を予測できるの? 寅次あなたは何者?明治時代に子供を大学に行かせたがる野心まである。 つまり函館で覆面の誘拐犯が言った「ボンボンが」と、尾形の言った「ボンボンが」が鯉登少尉の中で繋がったのです。 そして月島もまた、かつて鶴見中尉から手の込んだ芝居を打たれたことを鯉登に明かします。

Next

ゴールデンカムイ 21 (ヤングジャンプコミックス)

鯉登少尉(210話)は演技をしていた 鯉登少尉は210話で月島軍曹から鶴見中尉の手口を聞いた時、 「スゴーイ!」と言ってはしゃいでいましたが、それが演技だったことが明らかになりました。 たとえば、工場を建てるためにアイヌの土地を接収するとか。 スポンサードリンク 鯉登少尉は尾形が父を自刃に追い込んだ中央に不満を持って、当初は鶴見中尉に協力していた。 そこへ白石が女を連れて、酔っぱらって現れる。 この親子が一番理想的な親子 親が身を挺して我が子を守る というのが流れとしてキレイだと思いませんか。 しかしながら経営がうまくいくはずがないと反対する人物がいました。 「バルチョーナク」 鯉登少尉は確信をもって、ロシア語でボンボンを意味する単語を口にする。

Next

【ゴールデンカムイ】最新話「第210 話」ネタバレと感想【甘い嘘】

そして鯉登。 網走監獄の時に裏切られている杉元は、疑心暗鬼になって、なかなか返答できません。 前話第209話 ケソラプのあらすじ エノノカの村に到着 杉元たちが犬橇で向かうのはエノノカの村。 鶴見に会ったことのないアシリパは、どんな男なのかと不安そう。 一体どうなるのか……。 その時、隣の部屋で寝ていたアシリパが現れ、「土方と一緒に逃げよう」と決断します。

Next

【ゴールデンカムイ】212話ネタバレ感想|鯉登少尉が死んだ!?

鯉登「鶴見中尉、スゴ~~~イ!!」 天を仰いて跪きながら絶叫する鯉登。 けれど自分はそちら側には行けない、行けたとしても行く意味がない 鶴見中尉がいないから ので、最終的には鶴見中尉と道を共にする選択をする。 それに反対していたのが尾形の父である 花沢幸次郎中将でした。 鯉登少尉と月島軍曹のラブシーン【ゴールデンカムイ212話】 月島軍曹は逃げる杉元を追うことはせず、刺されて動くことができない鯉登少尉を抱きかかえました。 そして、なぜいまさら尾形の言葉を真に受けるのかと問い返す。 朝焼けの中、一人で立っている杉本。 そして月島軍曹の異様な雰囲気に飲まれつつあった。

Next

【ゴールデンカムイ】最新話「第210 話」ネタバレと感想【甘い嘘】

で、そのときは描かれていませんでしたが、尾形はまた別の話もしていたようで、 鶴見中尉に会ったら「満鉄」のことを聞いてみろと言って去ったのです。 しかしまさかチカパシ、そしてリュウとも別れることになるとは……。 次回は鶴見との接触で新展開に期待です。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。 キロランケの死に悲しそうなリアクションを見せていたのはアシリパと白石でしたね。 「少なくともアシリパさんを追うものは誰もいなくなる」 伏し目がちに答える杉元。

Next

ゴールデンカムイ 21 (ヤングジャンプコミックス)

白石「あれ?オレ死ぬ?」 ゴールデンカムイ 最新211話 感想と考察レビュー! 今回は白石が大活躍でしたね。 チカパシが遠ざかっていく。 そんな中、アシリパは矢筒から大量の矢をまとめて引き出す。 アシリパ「ちがう…アイヌはどうなる?」 アシリパのこの言葉で、再び杉本の瞳が暗く沈み込む。 まぁ直後のアレで、もうしばらくは鶴見中尉にゾッコンだなと思わされましたが…。

Next