戦国 無双 5。 戦国無双シリーズ

炎が払われると光秀が屋外で火縄銃を信長に献上する場面。

多くの人物の改名が省略される中で秀吉のみ時代にあわせて「羽柴秀吉」と「豊臣秀吉」で姓名が変化する。

そのため、これまでのように武将が配置されていない領土は無条件で攻め落とされるという事態にはならない。

・のモーションは実質固有モーションとなり、張郃・太史慈は武器が前作『4』のものと同一になった(モーション自体は別物)。 『戦国無双4』追加PC [ ] 『戦国無双4』より使用可能なキャラクター。

18

その他 [ ] プレイヤーとして選択できない一般武将は基本的に汎用フェイスで表示されているが、『激』でのみ、『』の顔グラフィックが流用されている。 『OROCHI魔王再臨』では、お市と似た狼の被り物を装着した新コスチュームで使用可能。 ことあるごとに自身を「オジサン」と称し、清正や三成に対しては「僕」呼ばわりするなど子供扱いしているが、生年は登場人物の中でもかなり遅い年少者で、史実では三成が一回り年上。

12

『Chronicle2nd』では猛将演舞に敵専用NPCで登場といった扱いでリストラを経験したキャラクターの中では最長期間となってしまった(その間も『OROCHI』シリーズには参戦し続けており、『OROCHI2』では戦国無双シリーズでの扱いを嘆く台詞がある)。

3

『3』では、、による関東の覇権争いを描く「関東三国志」、、、といった時代の中心となった武将に焦点を当てた「」、戦国時代終盤、や、などの戦いを描いた「関ヶ原の若武者」という3つの時代に分けて戦国時代を描いている。 武器の巨大さに反して攻撃速度は速めでモーションのクセも少ないため、初心者でも扱いやすい。 毛利元就を引き連れて、鎮魂のため死を覚悟した武将を に誘うといった、ある種の死神のような神秘的なイメージのシナリオとなっている。

20

『1』でコスチュームチェンジを行うと、オープニングムービーで「」を舞った際の、上着の半分をはだけた姿になる。

1

夫婦仲が良い、秀吉をサルと呼ぶ、秀吉に対して当たりが強いなどはシリーズで共通している。 相手の嗜好に合わせて対局の役割を演じようとする部分があり、挑発的な態度でも濃姫なりの優しさが表現されている場合がある。

12