気化 熱。 蒸発熱(気化熱)と凝縮熱

細矢治夫, 化学と教育, 61 7 , p. 液体を沸騰させるのにエネルギーが必要であることは、で湯を沸かすときのことを考えると分かる。 以上水の熱特性を見てきましたが、上記のような水の性質は先に何度も述べたように、水が水素結合により会合した液体であるということに起因しています。

気相 () 液相 (液体) ( ぎょうしゅく ) ( えきか ) (特になし) ( ぎょうしゅくねつ ) 固相 (固体) 昇華(逆の転移と同名。 このビーカーの底に水をつけて、ガラス板の上におきます。 この水は周囲の熱を奪って気化しようとします。

昇華 固体が液体にならないで、直接、気体になることを、昇華と言います。

5

「蒸発熱」とも言います。 昇華の反対、つまり、気体から直接、固体になることも、やはり昇華といいます。 7月は赤色を通り越して白色になっている場所が多く見られますね. の蒸発熱も同様で、予想される値の半分程度である。

10

このような機構で生じる熱を 転移熱(てんいねつ) または (せんねつ) とよぶ。

13

しかし、ヒートポンプを使う方が、より少ないエネルギーで、同じだけの熱を水に伝えることができます。 特にできていないと声が寄せられたのは、「部屋の温湿度を測っている」、「緊急時の困ったときの連絡先を確認している」でした。 もちろん、汗をかくだけで体温が下がるのではなく、汗が蒸発した時に体温が下がります。

15