ã‚Ŋãƒŧド ã‚ˇãƒŧãƒĢド ãĒつき åēĻ。 ã‚Ŋãƒŧド ã‚ˇãƒŧãƒĢド ãĒつき

やつあたり įŦŦ7世äģŖぞでãĒつきåēĻがįŋ’åž—æĄäģļãĢãĒãŖãĻいたわざâ€ĸ ã‚ˇãƒĢãƒ´ã‚Ąãƒ‡ã‚Ŗ専į”¨æŠ€ã€‚

18

過åŽģäŊœã§ã¯ä¸€åŽšå€¤ åŠĒ力値100 äģĨ上ãĢãĒã‚‹ã¨é“å…ˇã‚’äŊŋį”¨ã§ããĒくãĒãŖãŸãŒã€ãƒã‚ąãƒĸãƒŗã‚Ŋãƒŧドãƒģã‚ˇãƒŧãƒĢドでは最大 åŠĒ力値255 ぞでäŊŋうことができる。 æĄäģļを整えるためãĢåŋ…čĻãĒã‚ĸイテムがå…Ĩ手できるぎが「ナックãƒĢã‚ˇãƒ†ã‚Ŗ」ãĒぎで、ぞず初めãĢ、手ãŖ取り旊くãƒŦベãƒĢを上げることができる「けいけんã‚ĸãƒĄã€ã‚’į”¨æ„ã—ぞす。

ぞた、これぞで技思いå‡ēしãĢåŋ…čĻã ãŖた「ハãƒŧトぎã‚Ļロã‚ŗ」が不čĻã¨ãĒる。

1

ã‚ŋã‚ĻãƒĒãƒŗãĒおでドãƒŧピãƒŗグする ドãƒŧピãƒŗグãĢé–ĸしãĻも、きぎãŋやãƒŦベãƒĢã‚ĸップと同į¨‹åēĻぎãĒつきåēĻを向上させる劚果がありぞす。 ãƒ­ãƒĄãŽãŋ ãĒかよしåēĻが少し上がり、 į‰šæ”ģぎåŠĒ力値が10下がる。 「やすらぎぎすず」を持たせる 「やすらぎぎすず」を持ãŖãŸãƒã‚ąãƒĸãƒŗは、ãĒつきåēĻぎ上昇量が上がる劚果を持つ。

2

ã‚ŗãƒŦクトã‚ĸイテムとãĒãŖãĻいぞす。 ã‚ŋマゴわざįŋ’åž—: ãƒã‚ąãƒĸãƒŗがčĻĒからぎéēäŧãĢよりčĻšãˆã‚‹ã€Œã‚ŋマゴわざ」ぎįŋ’垗ぎäģ•æ§˜ãŒå¤‰æ›´ã¨ãĒる。 ãĒつきåēĻäģĨ外ãĢã‚‚æĄäģļãŒã‚ã‚‹å ´åˆã‚‚ã‚ã‚‹ãŽã§ã€é€˛åŒ–æĄäģļぎčŠŗį´°ã¯ä¸‹č¨˜ãƒšãƒŧジをごčĻ§ãã ã•ã„。

14

ãĒã¤ãé€˛åŒ–ãŽãƒã‚ąãƒĸãƒŗãŽæĄäģļãĢついãĻもぞとめãĻいぞす。 ãĒつきåēĻぎįĸēčĒæ–šæŗ• čŠąã—ã‹ã‘ãĻ襨į¤ēされるハãƒŧトぎ数 キãƒŖãƒŗãƒ—ã§ãƒã‚ąãƒĸãƒŗãĢčŠąã—ã‹ã‘ã‚‹ã¨ã€ãƒã‚ąãƒĸãƒŗぎ周りãĢハãƒŧトマãƒŧã‚¯ãŒčĄ¨į¤ēされぞす。

9

。