ジェイソン ボーン。 ジェイソン・ボーンの続編はあるのか?これまでのストーリーから考察してみた

has-vivid-red-background-color,:root. そこには、トレッドストーン計画の発案者が自分の父親であることと、トレッドストーン作戦以前よりボーンは監視されていたことが書かれていた。 笑 一度見たものは忘れないし、体内時計が正確すぎて、時計が必要ないくらいの精度も持っている。 しかし、その時は父が何を言いたいのかはわかりませんでした。

20

「あなたはそう聞かされているだけ。 ただボーンの哀愁を前作より強く感じたのは、彼の俳優としての成長なのかな? 背中で語る感じが良かったです。

1

ベルリンの担当CIAはパメラ・ランディ。 本編とスピンオフの合流による続編 このパターンは結構期待大です。

8

ボーンは憎しみを込めて、アセットの首を絞めた。

7

シンポジウムが始まると、カルーアが発言をしたいと司会に申し出、CIAとの癒着を暴露し始める アセットは、会場にある通気口からカルーアを狙う。 んでもって、こういう描写になると、CIAが結局は実権を握っていてもうまく、CIAが悪者に映らないんですなあ〜。

9

世間から離れ、敢えて命のやり取りをするような生活を送る彼の元を、ニッキー(ジュリア・スタイルズ)が訪れます。 しかし、CIAの工作員に見つかってしまい、追ってから逃げるように進んでいくのでした。

4

平穏無事な生活を送っていた中、突然たったひとりの高校生の娘が無差別テロに命を奪われてしまう。 おまけに、ジェイソン・ボーンの居場所がCIAにバレて、監視されている状態でした。

18