荒木 一郎。 荒木一郎の「逮捕」の噂検証

「セイ! 夜明けのマイウェイ• 長い坂• その間にもまだ珍しかった自主レーベルを立ち上げたり、プロデュースや俳優としても活動するようになっていた。 懐かしのキャシィ・ブラウン• 夕焼けの丘• 紅の渚• 開催されたのは2016年10月3日、約14年ぶりのホールコンサートです。 元禄一代女(1968年、)• お蝶のブルース - (作曲)(1973年)-『やさぐれ姐御伝 総括リンチ』主題歌• ギリシャの唄 1985年3月21日 LP SJX-25007 荒木一郎全曲集 A面• 東京都出身。

18

君に捧げるほろ苦いブルース• ただ、荒木一郎が音楽シーンで活躍していた時間は長くない。 別れ模様• ホームページは、 モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

19

(1973年、東映)• - (作詞)(1976年)- 『』主題歌• 著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。 母親は女優の荒木道子。 空に星があるように(アウトテイク)• ジャズの名曲と共に時代の色と、その時代の若者たちの葛藤や残酷性を感じられる傑作です。

4

新人男優賞(映画『』)• 、卒業。 (1979年、TBS)• 元妻は女優の榊ひろみ。

16

ビューティフル・サマー• 1969年、1月31日午後5時過ぎ頃、母親同伴で面会に来た芸能界志望の17歳の女子高生と六本木の喫茶店で会ったのち、「女優としての素質をテストする」と称して少女のみを喫茶店近くの事務所兼のマンションへと連れ出し、左頚部や左肩などに全治5日間の打撲傷などを負わせたとの理由で告訴され、2月7日に強制猥褻致傷の容疑で町田警察署に逮捕され、八王子区検察庁に身柄送検されたスキャンダル(のち女子高生の告訴取下げにより不起訴となる)で一度表舞台から姿を消す。 Good Night, My Friends• ジャニーの花• Disc 1• カードマジック19の秘宝(2000年、)• GSも含めたロックバンドに影響を与えていった加山雄三とシンガー・ソングライターの幕開けとなった荒木一郎。

この時期には、一人GS的な評価をされた。

5