新型 レヴォーグ 馬力。 新型となる次期レヴォーグは1.8Lターボが登場し、2.4LのFA24″DIT”は搭載されないと思う理由

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2代目 2020年10月発売

加えてコネクティッドサービスとして、万が一の衝突事故時に自動で通報する先進事故自動通報システムを国内初採用。 新型は 2020年7月2日より先行予約がスタートする予定である。 2019年12月23日をもって注文受付けを終了したWRX STI(カタログモデル) EJ20は1989年1月にデビューした初代レガシィの時代からスバルの主力エンジンとして搭載され、インプレッサWRX、さらにSTIバージョンにも搭載されるなど、長年にわたり進化を繰り返してきた歴史ある名機だ。 また、ボディカラーに新色マグネタイトグレー・メタリックを採用。 現行(初代)レヴォーグと比較してみよう。 WRX S4の存在感を増したい? 仮にレヴォーグから2. 0Lを超える6気筒エンジンや、2. jpg 車の馬力は、パワフルな走りを求める人にとっては必ずチェックする項目だと思います。 4Lターボモデルが国内に導入された場合には、400Nmを超える最大トルクが発揮されることになります。

Next

新型レヴォーグのプロトタイプのカタログが到着

レガシィの後継モデルであるというイメージをつける以上、300馬力のエンジンは必須となるでしょう。 過剰なパワーは無しに、ワインディングでの走行安定性と、高速道路での必要十分な加速力を備えたモデル。 実際、 ディラーの 下取りでは40万だったクルマが 買取業者で70万円になったなんて話は よくあることなんです。 ボディはまだ初代の流用品だ。 に搭載されたSUBARU StarDrive Technologyも搭載され、と同様に、2つの電気モーターとリチウムイオンバッテリー電力量:8. 運転支援システム 新世代アイサイトが搭載されます。 走り出しの部分は1. コンセプトは「継承」と「革新」 現行レヴォーグ(2014年〜)の名称に開発陣が込めた思いは、「レガシィ エボリューション ツーリング」。 スバルグローバルプラットフォームは、全面改良を受けて新世代になっているインプレッサから採用され、2025年までを見据えたスバルの次世代プラットフォームとして製作されています。

Next

新型は大きい? 小さい? 新型スバル・レヴォーグ 新型と現行のサイズを比較してみる【東京モーターショー2019】|ワゴン|MotorFan[モーターファン]

グレード:「GT」「GT-H」「STI Sport」 新型レヴォーグの価格は、最新のパワートレインや安全装備を搭載することでアップします。 フルモデルチェンジする新型レヴォーグは、以前公開されたコンセプト「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」をベースに、最大熱効率40%超を達成したリーンバーンエンジンや最新のプラットフォームを採用するなど基礎から大幅に変更し、その性能を大きく進化。 チープ感を見せないアクセントとプラットフォームの一新でサイズアップに 続いてボディスタイル自体は現行モデルに比べてあまり変化はないものの、Bピラーやリヤクォーターガラス周りのフレームはピアノブラック調のアクセントが追加され、更にリヤハッチにかけてガラスの面積がタイトになっているのも確認できます。 車体剛性は部位により1. この関係上、2. 3km前後を可能にしたモデルとなった。 そして、その段差を演出するプレスラインは立体的なテールランプからリアハッチへと繋がり、水平基調のラインを構成することで「ワイド」感を演出していて、これはGRヤリスも同様ですね。 新型レヴォーグについて 2代目新型「レヴォーグ」エクステリアはキープコンセプト。 東京モーターショー2019の目玉のひとつが、スバルのスポーティワゴン、「レヴォーグ プロトタイプ」だろう。

Next

【新型スバルWRX STIは400馬力!!】EJ20の後は新開発の2.4Lターボ降臨!!

この次期レヴォーグ、ティーザー画像が公開されたが、その中身について推測してみよう。 リアバンパー本体のデザイン性も高くなり、「実用車」から「オシャレなプレミアムカー」へと変貌を遂げたという感じ。 これにより、走りの自在性を高め、さらなる走行性能を楽しむことができるようになっています。 スポンサーリンク. 0GT-S) レヴォーグをファミリーカーとして購入を検討する人は多いと思います。 0の区別がつかず、それなら1. スバルの判断としては、日本の道路事情において300馬力は不要であり、その分排気量を小さくして燃費性能に舵を切ったといえます。

Next

【スバル新型レヴォーグ】2020年8月予約開始&11月フルモデルチェンジ発売!最新情報、「レヴォーグSTIスポーツ」、サイズ、燃費、価格は?

最後まで読んでいただきありがとうございます。 0STI Sport EyeSight Black Selection】4,050,000円 特別装備 【エクステリア】• 「メルセデスベンツAMGは現在2Lターボで421ps、最大トルク51. 上位グレードのエンジンはどうなるのか聞いてみると、「今日は1. 組み合わすトランスミッションはリニアトロニックCVT(チェーン式CVT)だ。 このエンジンは、今後スバルが生産する車の多くに搭載され、プラグインハイブリッドなどの電動化にも対応します。 前モデルは2Lターボエンジンが13. これと比較すると、新型レヴォーグはずいぶんシャープに、そして彫りが深くなっていることがわかりますね。 現行レヴォーグと比べると、レヴォーグ・プロトタイプは、フロントグリルを起点(中心)として、そこから後ろに向けて一気に風が流れてゆく様子が手にとるようにわかると思います。

Next

【レヴォーグ 新型情報 リーク】発売日や予約、デザイン(内装、外装)、エンジン、燃費、スペック、価格予想などまとめ。2.4Lターボ投入の可能性も。

この記事が掲載されたのは6月24日となるため、まだ2日しか経過していないとは言え、話半分と言えども影響力のあるメディアだと思うので、早めに内容を見直した方が良いのではないか?と考えたりもします。 Your server might also be unable to connect to Instagram at this time. LEVORGリヤオーナメント(ラスターブラック)• 330万円~420万円• ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせ、走りの愉しさを強調しつつ、安心感を表現。 出典 STI SPORT 出典 現行モデルに比べると、フロントマスクは彫りが深く、はっきりとした顔立ちをしています。 8Lで税金は変わらないので、ユーザー側にとっては排気量の拡大に関してデメリットも大きくありません。 ステレオカメラはより広い範囲が映るように改良され、4つのレーダーがクルマの周囲にある危険をすべて認知して、ドライバーをサポートします。

Next