ダイナマイト 発明。 ノーベルがダイナマイトを作った理由と経緯がつらい。ノーベル賞へつながる想いとは…?

発破は、あくまでも土木や学術目的で何かを破壊もしくは振動させることです。

The Legacy of Alfred Nobel, transl. "サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。 Could nitroglycerine poisoning be the cause of Alfred Nobel's anginal pains and premature death? , ニトログリセリンの安定性を求め、1866年ダイナマイトに行き着いたようです。

1

時代は1800年代末期までさかのぼります。 9月3日、爆発事故で弟と5人の助手が死亡。

17

ノーベルの兄弟が亡くなったことを知ったフランスの新聞記者は、それがノーベル本人だと早合点してしまい、間違えてノーベルの死亡記事を新聞に載せてしまったのだった。 しかし1864年、ノーベルが29歳のときにその工場で爆発事故が起きます。

4

ダイナマイトの材料の一つであるニトログリセリンを実用化したのはノーベルです。

20

けれども生き残った息子アルフレッドに助けられて、ノーベルは事業を再スタートし、すぐに工場はニトログリセリンをまた商業的規模で生産するようになった。 けれども、ニトログリセリンがダイナマイトのような安全な形で送り出されるようになったとはいえ、輸送上の困難はなお長年にわたって消えなかった。

4

そのため水を混ぜて薄めるか、ゲル化して保存しなければならない超危険物質です。

5

ノーベルのせいではありません。 ニトログリセリンはニトロ化合物? ニトログリセリンの構造は「硝酸エステル」です。

2

この会社はにのバクー制圧に伴い国有化されるまで存続した。 当時は世界中で戦争が起こっていたので、各国が強力な武器をほっしていました。 にがを受賞した際にノーベルの登録商標を取得、に社名をノーベル製菓に変更しているためで、ノーベル製菓の初代社長が湯川秀樹と交友関係であったことから単にノーベル賞に因んだ社名を付けただけである。