山口組 引退。 神戸山口組劣勢の中、存在感を増す建國会とは? 有力組織・宅見組には不穏な噂が…どうなる分裂問題

この「ブロック制」は五代目体制発足直後の1990年に全国の暴力団に先駆けて導入されたもので、当初は「大阪中」のブロックも存在していたものの、2007年にこれが廃された結果、全国7ブロックとなった。 舎弟頭の二代目宅見組々長・入江禎は、司組長より僅か2歳下という事もあり、現実的に考えても上に挙げた人物らより更に可能性は低いと思います。

13

同じ直系組長という位置づけでも、六代目山口組と神戸山口組ではそれくらいの差があるのではないか」(六代目山口組系関係者) さらにここに来て、兵庫県姫路市で多大なる影響力を持ち、この8月に神戸山口組若頭補佐に昇格を果たしたばかりの親分が、引退することになったというのだ。 離脱にさほどの驚きはなかった。 加えて、年度ごとに定められる「組指針」がある。

20

山口組の損失が54億円。

18

ところが、植野会長の意向と同様と思われた弁護側が、「犯人性は争う」などとして無罪を主張。 。

14

どうやら、最高幹部の引退が同会でもあったようなのだ。 二代目 - 会長・吉良博文と六代目山口組相談役・が五分兄弟分。 特に二人ともに 弘道会出身の現六代目と若頭の高山清司さんのラインの下で、警察との緊張関係を強めているようです。

2

六代目山口組の組織改革は、今後も続いていくだろう。 15面• つまりそれは、高橋元会長たちはカタギになったので、もう六代目山口組の敵ではないということを宣言したようなものである。 そのため極心連合会が離脱し一本独鈷でやっていける機動力はないように思える。

14

盃をもらった以上、表立って親分を批判する事はできない。 しかし溝口敦は記事について、• 警察が重視するのは実態であるため、偽装するのは困難だ。 ただ、のちの高橋元会長に対する破門処分を考えると、上層部とは、話し合いが円満に進んだわけではなかったのかもしれない」(捜査関係者) ちなみに、高橋元会長の破門情報が流れたのち、そのことを記した神戸山口組本部名義の破門状が出回ったのだが、これは偽造ではないかと業界関係者の間では話題となった。

17

これは財産を守るためだと見られている。 出所してすぐに代替りするとしても、77歳になっている司組長から72歳の高山清司への継承は、その後を考えると何年持つのでしょうか。

5