特急 ひたち。 JR東日本651系電車

北千住・松戸・柏・我孫子・取手のうち2駅に停車する列車の場合、基本は北千住と柏に停車するパターンと、松戸と我孫子に停車するパターンに分かれている。 2015年3月14日以降、付属編成は定期運用がなくなり、廃車または伊豆クレイル用に改造された。 駅名は、主な停車駅のみ表示。

9

特急『ひたち』路線図(国土地理院「地球地図日本」データ、国土交通省「国土数値情報」鉄道データを元に、格安旅行ナビが加工・作成。 なお、水戸駅・勝田駅で当日中に改札を出ずに特急列車に乗り継ぐ場合は、特急料金は乗車駅からの通算で計算することができた。 交友社「電車」1990年3月号「651系の増備車」記事。

2

2020年3月のダイヤ改正に伴い、指定席の事前料金及び車内料金が発表された。

1

これにより、常磐線を運行する列車名は特急「ひたち」・急行「ときわ」の2種類のみとなった。 また、2013年10月より、651系が再び運用に就いていたが、列車番号は変化していなかった(時刻表では、車両が異なる旨の注記があった)。

15

なお、準急・急行「 ときわ」は上野 - 平(現・いわき駅)の運行が基本であったのに対し、「 ひたち」は上野 - 仙台間の運行が多かった。 「ひたち」は朝の下り2本(3号・5号)を除き全列車が、「ときわ」は日中を中心に発着となった。 特急ひたち=品川・東京・上野〜いわき・仙台 特急ときわ=品川・東京・上野〜土浦・勝田・高萩 特急ひたちは全ての列車がいわきまで行き、一部が仙台まで走っています。

11

, 2014年10月25日閲覧。

1

ただし、2015年1月2日は運転されない。

11