2 月 の 挨拶 文。 2月の季語とあいさつ文例文!ビジネスで使える例文集!季語がないとどうなる?

25,暦の上では春となりましたが、相変わらず寒い日が続いております。

13

今後とも、よろしくご指導のほどをお願い申し上げます。 立春の候、折、みぎり• しかし1月の雰囲気を出すものではなく、2月上旬のみに使えるものにしたいという場合は、節分や季節の変わり目であるというような内容の挨拶文にすると良いでしょう。

20

節分を過ぎ 春めいて• 園庭に用意していた水の中に葉っぱが入っており、それが凍っているのをみつけたこどもたち。

18

春を感じる日差し• 私も、子供たちの元気を見習わないといけないな、と感じさせられる毎日です。 寒さなお厳しき折、• 7,節分も過ぎ、ますます寒さが厳しくなってきました。 残寒の候• 手紙を書く上で大切な2月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。

1年前に比べると、心も体も大きく成長したことを感じます。

3歳児• 」 「一年で最も寒さの厳しい季節となりましたね。 暦の上では春になる2月上旬の時候の挨拶 2月上旬のイベントとして、節分や立春 2月4日 があげられますね。 どうぞお身体を大切に。

14