藤 圭子 éē書。 č—¤åœ­å­ãŽį”Ÿã„įĢ‹ãĄãƒģæ—Ļé‚Ŗと子䞛ãƒģäē‹æ•…įžå ´ãƒģį˛žįĨžį–žæ‚ŖãĒおč‡ĒæŽēぎį†į”ąã‚‚įˇãžã¨ã‚

刊į›Šåˆ†é…ã‚‚åŊ“初はå¤ĢåŠĻで分け合ãŖãĻいたぎãĢ、æŽĩã€…ã¨č—¤ã•ã‚“ã¯čšŠå¸ŗぎ外ãĢã•ã‚Œå‘¨å›˛ãĢ不æē€ã‚’æŧã‚‰ã—ãĻいたそうです。

2

äģŠæœˆ5æ—Ĩ、厇多į”°ã•ã‚“は、å…Ŧåŧã‚ĩイトãĢã€Œč—¤åœ­å­ã‚’é•ˇåš´åŋœæ´ã—ãĻくださãŖたįš†æ§˜ã¸ã€ã¨éĄŒã—ãŸãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧã‚¸ã‚’æŽ˛čŧ‰ã€‚

č‘Ŧ儀や告åˆĨåŧã¨ã„ãŖたイベãƒŗトをåĨŊむようãĒäēēではãĒかãŖたことを、母をよくįŸĨã‚‹č€…ã€æ¯ãŽãŸã‚ã‚’æ€ã†æ–šãĒら、ごį†č§ŖしãĻくださることと思いぞす。 äŊ•ãŒã—たいぎかわかりぞせん」 「おåˆĨれぎäŧšã€ã§ä¸‰éƒŽæ°ãŒčĒžãŖた「ワãƒŧプロで書かれãĻいãĻ、čĒ°ãŒæ›¸ã„たかわからãĒい」というį™ē言ãĢついãĻ、į…§å¯Ļ氏が10月13æ—Ĩ、č‡ĒčēĢぎツイッã‚ŋãƒŧで、 〈č‘Ŧ儀į¤žãĢ䞝é ŧしãĻå„Ēį§€ãĒ書道åŽļãĢ手書きで一通、一通書いãĻもらいぞした〉 と反čĢ–。

8

ã€Œč—¤åœ­å­ã€ã•ã‚“ã¯į”Ÿå‰ã€ 原ぎ母čĻĒや周りぎåŽļ族ãĢæ”ģ撃įš„ãĢãĒãŖãĻいたことからこぎį—…気だãŖたんじゃīŧŸã¨ã„われãĻいるãŋたいです。 åŊŧåĨŗは厇多į”°ãƒ’ã‚ĢãƒĢぎ母かもしれãĒいけお、į§ãŸãĄãŒå››ååš´é–“、åŋœæ´ã—įļšã‘ãĻããŸč—¤åœ­å­ã§ã‚‚ã‚ã‚‹ã‚“ã ã€ã¨æ€’ã‚‰ã‚ŒãŸã¨ã„ã†ã€‚ åŊ“æ—Ĩ新åŽŋč­Ļ察įŊ˛ãĢčĄŒã‘ã‚‹įŠļ態ではãĒかãŖたį§ãĢäģŖわãŖãĻã€čž›ã„æ€ã„ã‚’ã—ãĒがらも、įˆļはこぎåŊšå‰˛ã‚’果たしãĻくれぞした。

å˛Šæ‰‹įœŒä¸€é–ĸ市でį”Ÿãžã‚ŒãŸč—¤åœ­å­ã€‚ ã—ã‹ã—ã€å‰åˇæ¸…ã¨ã¯ã‚ãšã‹1嚴でé›ĸ劚â€Ļ 一äŊ“äŊ•ãŒã‚ãŖたぎでしょうīŧŸ おäēŒäēēぎéĻ´ã‚Œåˆã‚ã‚„é›ĸ劚į†į”ąã‚’ãŋãĻいきたいと思いぞす。 äģŠã‚‚、こぎ先もずãŖã¨ãƒ•ã‚Ąãƒŗでありįļšã‘ぞす。

断られたīŧ‘äēēã¯ã€åŽŸå…„ãŽč—¤ å¤Ē郎氏ぎことではãĒいだろうか。 姉と兄がいる3äēē兄åŧŸãŽæœĢãŖ子としãĻã€č‚˛ãĻられぞす。

2

「äŋēãŸãĄãŽå‡ēį™ēį‚šã¯čĨŋ新åŽŋだãŖたんです。 éŖ›ãŗ降りたéĢ˜åą¤ãƒžãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗでは30äģŖぎį”ˇã¨åŒåą…しãĻいた。 ã“ã“ãžã§ã¯ã‚ˆãã‚ã‚‹čŠąãĒぎですがãƒģãƒģãƒģ 原は、おäēŒäēē、これをīŧ–回もįš°ã‚Ščŋ”されãĻいるというぎです。

19