コンフィデンス マン ロマンス 編。 『コンフィデンスマンJP ロマンス編(映画)』キャスト一覧と伏線ネタバレ

自身は負け知らずの一方、出会った人物はその後転落の一途を辿ることが多いから「強運の持ち主」「運を吸い取る男」と呼ばれるが、幼少期は壮絶な人生を送っており「ツイてない」「運が無い」が口癖だった事も。

ダー子の行方が分からないボクちゃんたち。

なお第4話・映画マニア編では、映画製作のキャストとして、山田孝之の名前が挙がっていた。

8

しかし、今度は沼田が持ち込んだ無名の画家「山本巌」の絵を王が高額で購入したことによりさらに評判を挙げたことで「無名の天才画家の発掘」という功績に目がくらみ、地元の農民(五十嵐)の案内により出身地の茨城に向かい、山本の親戚(リチャード)の離れで山本の絵画を多数発見。 上映時間は116分。

7

ダー子による「本当は遺産など無く借金だらけ」「大金庫(実際は五十嵐によってすり替えられたもの)には愛人の写真だらけ」という仕掛けで愛想を尽くしたダー子・キンタ・ギンコが家を去る中、「1人になってしまうのはかわいそう」とボクちゃんだけが残る。 本作はロマンス編ということで三浦春馬さん扮するジェシーが登場し、ダー子との過去が明かされ、そこが大きな核となっていきます。

19

というのもジェシーは、以前ダー子と恋人の振りをして詐欺をしたことがあったからです。 ダー子に耳かきをしてもらうことが大好き。

14

三人が空港に駆けつけると、ダー子とはプライベイトヘリに乗るところだった。 テレビの通販番組に自ら出演し製品をアピールするなどメディア露出も多い。 そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。