高 師直。 女癖ヤバすぎw高師直を簡単にわかりやすく解説【尊氏の執事にして最強部隊を率いる】

132• 1464-1467• 高氏は高階氏の一族で、鎌倉時代から足利氏の執事としてその家政を統轄する地位にあり、父・師重もこれを勤めていた。 は、土地を治めるよりも主君足利氏の補佐を優先する執事一族としての高階氏の性格が現れているのではないか、と推測している。

9

師直が後世に悪し様に書かれるのは、この時代の知識階層で多く記録を残したのは貴族・寺社勢力であり、彼らに反抗する新興武士層や彼らの擁護者である足利氏に対する反感もあったと思われる。 当地には師直の塚が遅くともの19世紀初頭には山田村という場所に存在したことが、3年()完成の「山崎通分間延絵図」によって確認できる。 亀田によれば、師直と直義の派閥を分けたのは、主に恩賞の問題であるという。

3

このうち、「菅原在登が京都市中で若者に殺された」という点のみは史実である(『』観応元年5月16日条)。 その後も攻めや討伐で大いに活躍し、創設にあたり軍事において大いに貢献した。

6

1340年代後半になると、ばさら者の被害者から相談を受けることの多く、自身もばさら嫌いだった足利直義との関係が悪化し、観応の擾乱が勃発。 後年、太平記の流布と共に師直は史実のように尊氏に忠義を尽くした文武両道の才人では無く、非道で欲の深い悪人として描かれ、以下のような描写で知られます。 によると、貞和4年 )、師泰軍が聖徳太子廟の太子像を破損し廟を焼き払うという暴挙は、1次資料から確認できるという。

3

あくまでも兄、尊氏・師直(北朝)に対抗する策だ。 まず、師直・師泰が用兵・作戦に当たって、寺院や神社などの精神的な権威をおそれなかったことから、自由な作戦行動をとることができたことがあげられます。

13

例えば、『太平記』が語る逸話では、師泰は東山に山荘を建設しようとして、その地にあったの墓所を掘り返し、これに対してが異議を唱えると、門跡(総長)の(皇子)の寵童(ちょうどう、愛人の少年)に命じて在登を殺害させた、という。 もとは同市樺崎八幡宮境内にあったが、明治時代の廃仏毀釈に際して移されたという。

2

亀田俊和は、この法は事前の軍議で武将たちによって合議的に考案され、当時の足利氏の実質的な総指揮官であるが「承認」、その後、師直が直義の命令で「採用」したというような経緯の可能性も有り得なくはないと指摘し、分捕切捨の法のみによって師直の合理性を量るのは慎重になるべきではないか、と述べている。

14

この女性は太平記では「侍従」と呼ばれているので侍従と表記します。 さらにこので・隠岐守護のの裏切りが起きるが、『』や『仮名手本』で描かれる高貞の妻への高師直の横慕はあくまでも的表現らしく、師直どころか高一族はこの事件に関与した気配はないようだ。

しかしやがて尊氏の同母弟直義とし,4=5 49 年,尊氏に迫って直義をから退けた。

20