19 アンタレス インプレ。 こんなインプレ欲しかった!SHIMANO(シマノ) 19アンタレス インプレッション 一度使うと元には戻れないグッドフィーリング!

次はクラッチカムの取り付け。 ロッドパワーが2番のロッドであれば官能的なキャストフィールを体感できるはずです。

10

自分の感覚では次のような感じです。 ベイトリールの巻き感が悪くなった時の対策の一つとして、このサイドボディにある 「ワンウェイクラッチの清掃」は、ぜひ試してもらいたい作業です。 user-notify-detail-content, user-notifies:not. 8点 ・キャストは近距離〜遠投まで申し分ないが、近距離メインの人は20メタニウムとの入れ替えた方が快適になる可能性高い。

18

必ず入手してください。

1

また、慣性が低いとスプールの「回転スピード」を変えやすく、キャスト後のルアーの失速に合わせて回転数が反応良く下がっていくので、バックラッシュを起こしにくい。

2

重さは軽いとは言えないボディですが、左手トリプルフィンガーでキャストするときも、しっかりホールドできるのでブレたりしません。 つまり、同じだけ回してもブレーキの締まり具合が緩やかに感じます。 必要十分以上に飛んでいました。

11

そういうコンセプトなので。

14

やはりこれは何かありそうですね…。 別次元のキャストフィールを体感出来ます。

3

低慣性化はスプール回転のレスポンス向上をもたらし、より軽い力でキャストすることができる。 TN60トリゴンなんかは、本当に巻いているのかわからなくなるほどに軽く巻けます。 もはや調整とかじゃないですわ。

理由はスプール径が37ミリと大きいのとヘビキャロという1オンス超えのヘビーウエイトをキャストするから。 carousel-content:nth-child 5 ,. ネジは裏側に隠れています。 さらに、シルキーな巻きごこちを実現するマイクロモジュールギアを搭載。

11