æ­¯čŒŽ から æ­¯ が čĻ‹ãˆã‚‹ã€‚ 歯をįŸ¯æ­Ŗã—ãŸã‚‰æ­¯čŒŽãŒä¸‹ãŒãŖたīŧīŧŸæ­¯čŒŽä¸‹ãŒã‚ŠãŽį†į”ąã¨ã‚ąã‚ĸæ–šæŗ•ã¨ã¯īŧŸ

しかしãĒがらéĒ¨ãŽīŧ‘į•Ē尖ãŖãĻã„ã‚‹éƒ¨åˆ†ã¯éœ˛å‡ēしたぞぞãĒぎでしゃずりãĨらいことãĢは変わりありぞせんでした。 ただしīŧŒ æ­¯ã¨æ­¯ãŽé–“ãŽæ­¯čŒŽãŒä¸‹ãŒãŖãĻしぞãŖãĻã„ã‚‹ã‚ąãƒŧã‚šãĢé–ĸしãĻは、歯ぐきぎ再į”Ÿæ˛ģį™‚ではãĒく、ナミネãƒŧトベニã‚ĸやãƒŦジãƒŗ充åĄĢといãŖた寊įžŽæ­¯į§‘æ˛ģį™‚で寞åŋœã—ぞすīŧŽ īŊžæ­¯čŒŽãŽå†į”Ÿæ˛ģį™‚と寊įžŽæ­¯į§‘æ˛ģį™‚ぎæŗ¨æ„īŊž æ­¯čŒŽãŽå†į”Ÿæ˛ģį™‚や寊įžŽæ­¯į§‘æ˛ģį™‚はäŋé™ē外č¨ēį™‚とãĒりぞす。

æ­¯čŒŽãŽå†į”Ÿæ˛ģį™‚は、歯周į—…ãŽé€˛čĄŒå…ˇåˆã‚„æ„ŸæŸ“ãŽįŠļæŗãĢよãŖãĻå›žåžŠã§ãã‚‹æ­¯čŒŽãŽäŊįŊŽãŒå¤‰ã‚ã‚Šãžã™ã€‚

5

受äģ˜ãŽäēēからだãŖた。

6

īŧˆ7īŧ‰æ­¯į§‘æ˛ģį™‚が原因 歯周į—…ぎæ˛ģį™‚としãĻã€æ­¯ãŽæˇąã„ã¨ã“ã‚ãžã§ãŽ バイキãƒŗを除åŽģするæ˛ģį™‚がありぞす 歯ぎお掃除。 æ­¯čŒŽãŽå†į”Ÿæ˛ģį™‚垌ãĢæ­¯čŒŽãŒčŊãĄį€ã„ãĻから、歯ぎ栚ãŖこぎ削れãĻいる部分ãĢãƒŦジãƒŗã¨ã„ã†čŠ°ã‚į‰Šã‚’しãĻč™Ģæ­¯ãĒおで削れãĻしぞãŖた歯ぎくãŧãŋを埋めぞす。 ã‚Ŧミãƒŧ゚マイãƒĢはæ˛ģį™‚するずきīŧŸå­äž›ã¸ãŽéēäŧã¯ã‚ã‚‹īŧŸ 2-1 æ˛ģį™‚ã™ã‚‹ãƒĄãƒĒット、č‡Ē分でできるã‚Ŧミãƒŧ゚マイãƒĢ寞į­– ãƒģæ˛ģį™‚することãĢよãŖãĻ変わãŖãĻくること、ã‚Ŧミãƒŧ゚マイãƒĢは歯į§‘でæ˛ģį™‚できるか ã‚Ŧミãƒŧ゚マイãƒĢをæ˛ģį™‚することãĢより、čĻ‹ãŸį›ŽãŒæ”šå–„されるぎでįŦ‘饔ãĢč‡ĒäŋĄãŒæŒãĻるようãĢãĒりぞす。

7

舌ãĢæ­¯čŒŽã‹ã‚‰å‡ēãĻいるéĒ¨īŧˆæ­¯æ§ŊéĒ¨īŧ‰ãŒåŊ“たãŖãĻおうしãĻもį—›ã„。

20

ãžãŸã€ãŸã ã„ãžæ­¯čŒŽãŽå†į”Ÿæ˛ģį™‚を希望される斚ãĢį„Ąæ–™ã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗã‚°ã‚’čĄŒãŖãĻおりぞす。

3