ぎãģãģん ママ。 おこãĨかいį¨ŧãŽã‚’åœ¨åŽ…å†…čˇã§å­č‚˛ãĻママぎおこãĨかいį¨ŧぎ

。 おれも『できるもぎをできるだけ』すればいいぎで、åŋ™ã—い å­č‚˛ãĻママでもムãƒĒãĒくį¨ŧぐことができぞす。

やぞがãŋ äēē材į´šäģ‹äŧšį¤žã§ãƒ•ãƒĢã‚ŋイムで働いãĻいぞすīŧ おäģ•äē‹ã‚’しãĻã„ãä¸­ã§å°ã•ã„æ™‚ã‹ã‚‰ãŽč‹ąčĒžæ•™č‚˛ãŖãĻ大äē‹ã ãĒあ、こぎぞぞäŊ•ã‚‚しãĒいようでは子䞛ぎ将æĨぎ可čƒŊ性をæŊ°ã—かねãĒい、į”ŗしč¨ŗãĒいīŧīŧ と思ãŖãŸãŸã‚ã€č‹ąčĒžæ•™č‚˛ãĢついãĻį ”įŠļを重ねãĻいぞす。 こうしãĻ、「ママはæĩˇčŗŠã€ãŽįĩĩæœŦがčĒ•į”Ÿã—ぞした。

遠慎ãĒくįĩĄã‚“でもらえるとåŦ‰ã—いですīŧ. 息子もそうでした。

14

į§ãĢ興å‘ŗを持ãŖãĻいただいた斚はプロフã‚ŖãƒŧãƒĢをčĒ­ã‚“でくださるとåŦ‰ã—いです。 。 わたしもæĩˇčŗŠãŒį™ģ場するæœŦをたくさんčĒ­ãŋčžã‹ã›ãĻいぞした。

7

å…ˆé€ąæœĢバã‚ļãƒŧもįĩ‚わり 取りæ•ĸえず大きãĒäģ•äē‹ã¯įĩ‚わりかãĒ į‰šãĢį”ē内ぎåŊšå“Ąã¯åˆã‚ãĻだãŖたぎで そぎäģ•äē‹ãŽå¤šã•ãĢ圧倒された。 イãƒŗã‚ŋãƒŧãƒãƒƒãƒˆã§ã§ãã‚‹åœ¨åŽ…ãƒãƒƒãƒˆå†…čˇã¯ã€ã„ã‚ã„ã‚ãĒもぎがありぞす。

19

。 č‡Ē分ãĢあãŖたおこãĨかいį¨ŧぎを始めãĻãŋぞせんかīŧŸ å­č‚˛ãĻママぎぎãģãģんおこãĨかいį¨ŧぎマニãƒĨã‚ĸãƒĢではį§ãŒåŽŸčˇĩし、原際ãĢį¨ŧいだことぎあるã‚ĩイトぎ感æƒŗをつけãĒがら、č§ŖčĒŦしãĻいきぞす。 息子もわたしも大ぎæœŦåĨŊきでした。

7