ãƒã‚ąãƒĸãƒŗ ã‚ã‚“ãąãã€‚ ã€ãƒã‚ąãƒĸãƒŗå‰Ŗį›žã€‘『あかし』ぎãƒĒ゚トãƒģįĸēįŽ‡į­‰ãžã¨ã‚

少々ややこしいですが、䞋えば、 「é›Ēや吚é›Ēでしかå‡ēįžã—ãĒい」を、 「é›Ēぎ降ãŖãĻいるエãƒĒã‚ĸ」から 「é›Ēぎ時ãĢがå‡ēるけお、äģŠã¯æ›‡ã‚ŠãŽã‚¨ãƒĒã‚ĸã€ãŽč‰ã‚€ã‚‰ã‚’čĻŗæ¸Ŧすることでå‡ēįžã•ã›ã‚‹ã“とがå‡ēæĨぞす。 「ãŋがわり」と「めいそう」をäŊŋãŖãĻäŊŽįĢåŠ›ãƒã‚ąãƒĸãƒŗをčĩˇį‚šãĢでき、一åēĻčƒŊ力を上げきãŖãĻしぞえばéĢ˜įĢ力éĢ˜č€äš…ぎčĻåĄžãĢãĒる。 čŠŗį´°ã¯ã‚’参į…§ã€‚

17

中速ã‚ĸã‚ŋッã‚Ģãƒŧでは「ダイジェット」1回でį´ æ—Šã•ã‚’抜けãĒいぎで、「きあいぎã‚ŋ゚キ」を持たせた゚トッパãƒŧとしãĻæ´ģčēã—ãĻいる。 åą‹æ•ˇãĢäŊã‚€ã‚´ãƒŧ゚トやドã‚Ŧãƒŧã‚šãŸãĄã¯ã‚Ģナã‚Ģナを様々ãĒ手æŽĩで銚かそうとする。 æĻ‚čĻ æĩˇãŽåēƒå ´ã§å¤įĨ­ã‚ŠãŽæē–å‚™ã‚’ã™ã‚‹ãƒã‚ąãƒĸãƒŗãŸãĄã€‚

10

įŠļ態į•°å¸¸ã‚’寞į­–しつつ、「りゅうぎぞい」でį›¸æ‰‹ã‚’čĩˇį‚šãĢするįĢ‹ãĄå›žã‚ŠãŒåŧˇåŠ›ã§ã™ã€‚

19

ã€ŒãĄãŠã‚Šã‚ã—ã€ã¯æˇˇäšąįŠļ態ぎ時、回éŋįŽ‡ãŒä¸ŠãŒã‚‹į‰šæ€§ã§ã™ã€‚ 、 -â€ĸ ゚テロčĻå“Ąã¨ã—ãĻもäŊŋえる ã‚Ļãƒ„ãƒ­ã‚¤ãƒ‰ã¯ã€ŒãƒĄãƒ†ã‚Ēビãƒŧム」型が有名だが、「゚テãƒĢ゚ロック」を撒けるį‚šãŒčŠ•äžĄã§ãã‚‹ã€‚

18

「だいもんじ」を持つį›¸æ‰‹ã¯åŸēæœŦįš„ãĢ受けられぞせんし、äēŒåˆ€æĩãŽį›¸æ‰‹ã‚‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ãƒ ãƒĒです。 į‰šãĢäŊŋį”¨įŽ‡ãƒˆãƒƒãƒ—クナ゚ぎ「ã‚ĢプãƒģãƒŦヒãƒŦ」ãĢ寞しãĻåŧąį‚šã‚’つけるį‚šãŒčŠ•äžĄã•ã‚ŒãĻいる。

15

性æ ŧåŽŗ選ぎ重čĻåēĻが下がãŖた ミãƒŗトをäŊŋį”¨ã™ã‚‹ã¨ã€æ€§æ ŧåŽŗ選をするåŋ…čĻãŒãĒくãĒる。 æĻ‚čĻ クãƒĒ゚マ゚イブぎ夜、æĩã‚Œæ˜Ÿã‚’čĻ‹ãŸãƒ”ã‚ĢチãƒĨã‚ĻãŸãĄã¯ãã‚Œã‚’æŽĸしãĢæŖŽã¸ã¨å‘かãŖた。 ピチãƒĨãƒŧīŧˆåŧŸīŧ‰ -â€ĸ あくぞでčŖœæ­Ŗ値が変わるだけで、性æ ŧそぎもぎは変わらãĒい。

9

į°Ąå˜ãĢ計įŽ—しãĻãŋぞした。 ぞた、į›¸æ‰‹ã‚’倒した時ãĢį™ē動する「ビãƒŧ゚トブãƒŧ゚ト」でį´ æ—Šã•ã‚’挙げられるぎで、「フェロãƒŧチェ」ãĒおぎéĢ˜é€Ÿã‚ĸã‚ŋッã‚Ģãƒŧより速く動ける。 、、 -â€ĸ ただし、į¨ŽéĄžã¯ãƒŠãƒŗダムãĒぎで、äŊŋãˆã‚‹ã‚‚ãŽãŒč˛°ãˆãŸã‚‰ãƒŠãƒƒã‚­ãƒŧį¨‹åēĻãĢč€ƒãˆã‚ˆã†ã€‚

そこへįžã‚ŒãŸãƒ‹ãƒŖãƒŧã‚šãŸãĄã‚‚åŠ ã‚ãŖãĻ、įš†ã¯åŽŸå› ã‚’čĒŋずãĢčĄŒãã€‚ įŸ­įˇ¨įŦŦ11äŊœã€‚ ミãƒŗト からį™ģå ´ã—ãŸé“å…ˇã€‚

12

初手ãĢå‡ēすぎがã‚Ēã‚šã‚šãƒĄ ナãƒŗドロ゚å…Ĩりぎパãƒŧテã‚Ŗでは、初手ぎ様子čĻ‹ã¨ã—ãĻ「ナãƒŗドロ゚」をå‡ēしãĻãã‚‹ã‚ąãƒŧ゚が多く、「いかく」ãĢよる「ぞけんき」į™ē動がčĩˇã“りやすい。 é˜˛åžĄį‰šåŒ–としぞす。 「 上がりやすい」čƒŊ力と「 上がりãĢくい」čƒŊ力ãĢã¯ãƒã‚ąãƒĸãƒŗぎå‘ŗぎåĨŊãŋもé–ĸäŋ‚しãĻいぞす。