鼻 うがい 自作。 鼻うがいの危険性と、安全な蓄膿症・後鼻漏のケア方法

さらには、 【重曹歯磨き】はおススメしません! なぜならば、重曹には研磨効果があります。 水を吸い込んでいる時につばを飲み込まない これも、 耳の方に食塩水が入り込んでしまうことがあり、中耳炎の恐れがあるので注意しましょう。

私は、「あんまりに気にならない」のですが・・・ ツンとくるのって、温度が関係したりするんです。

15

北西先生は、さらに鼻うがいについて話を続けます。 なので、あなたがツンとこない温度を探されるとよいと思います。

13

このとき食塩水を飲み込まないようにします。

鼻の奥は繊細なので、粘膜を傷つけるおそれがあります。

10〜15秒ほどで吐き出す 2〜3回ガラガラうがいを繰り返し、 のどの奥の水がぬるくなったと感じたら(10〜15秒ほど)吐き出しましょう。 鼻づまりがひどいとき、のどに痛みがあるとき、鼻水がのどに流れてしまうときはしない 鼻に炎症があって鼻づまりがひどいときや、のどに炎症があるときは鼻うがいは行わないようにしましょう。 食用の重曹をぺろっと舐めてみると 確かにしょっぱいです。

3

それぞれについて詳しくみていきましょう。 なので、食塩水が少なくなってきたら、そこで終了にするか、新たに足すのがよいですよ。

1

鼻うがいは、ウイルス菌を体内に侵入させない効果があるわけです。