デジカメ から スマホ に 写真 を 送る 方法。 デジカメからスマホへのデータ移行方法は? SD・Wi

パソコンはもう要らない!デジカメの写真を一瞬でスマホに転送する方法

特に複数枚の転送をする場合、これは非常に便利です。 また、Wi-FiやBluetoothに対応したデジカメなら、スマホに専用アプリを入れることで、 撮った写真をその場で簡単にInstagramやTwitter、FacebookなどのSNSにアップできるものもあります。 なお、手持ちのデジカメがWi-Fiに対応していないという人もいるだろうが、Wi-Fi機能が内蔵されたSDカードを利用するという方法が。 やみつきになるカメラからスマホに画像転送 Instagramのシェア機能を使えば、 FacebookやTwitter、Flickrにも連動してアップできるので、複数SNSを利用していても一度に投稿が終わってしまうので、もうコレが便利すぎです。 Wi-Fi内蔵のFlashAirを使う カメラにWi-Fi機能がない場合は、Wi-Fiを内蔵しているSDカードを使えばスマホに写真を転送できます。 さすがにオリジナル画像を大量に転送しようとすると時間がかかる場合もありますが、SNSでシェアするだけなら「2Mサイズ」でも充分かもしれません。 データはこまめに転送しておいたほうがいいかも。

Next

デジカメの写真をスマホに画像転送!PCを使わずそのまま送る方法

が、ここはやはり TwitterやFacebook、LINEに自慢の写真をアップロードしたいところですね。 リコーのG700SEがそれです。 デジカメのSDカードをパソコンで取り込みiPhoneに移す パソコンがあり、SDカードスロットがついていれば、まずパソコンにSDカードの写真を取り込み、パソコンからiPhoneに写真データを移す事ができます。 TOSHIBAの FlashAirというSDカードです。 せっかくの熱も冷めてしまいます。 1枚ごとの転送しかできませんが、たとえばブログやTwitterなどに投稿する場合、充分な性能となるはずです。

Next

デジカメからスマホへのデータ移行方法は? SD・Wi

せっかくならば、 カメラで撮った写真をスマホで活かせると良いと思いませんか? と言うよりもむしろ、 せっかくカメラを持ちだして撮った写真こそSNSにアップしてドヤ顔したいというのが人間の心理というものです。 もし、この3つの方法をどちら利用するかと迷っているなら、こちらの比較表をご参考ください。 また、デジカメによってはパソコンとUSBケーブルで接続して写真を転送できる機種もあります。 そうすると、 自宅に帰ってパソコンとカメラをつなぐか、もしくはメモリーカードを差し込んでそれからアップロードするしかないのでとっても面倒。 例えば、遠くの被写体を大きく映しだして撮りたい時の望遠ズームを使った写真や、スポーツシーンのように被写体のスピードが速くて追い切れない写真、背景をぼかした印象的な写真は、デジタル一眼カメラやコンパクトデジカメだからこそできる業。

Next

デジカメの写真をiPhoneに移すやり方

PP-1とスマートフォンの組み合わせはなかなかに便利。 おそらく、以降のニコン製デジタル一眼レフではこのWi-Fiアダプタが利用できるようになるでしょう。 おいしそうなランチを前にして撮ったはずの写真がくすんだものになってしまった、というような体験は、多くのスマートフォンユーザーに「あるある!」と頷いてもらえるのではないでしょうか。 選択した画像を転送してくれる と、これらを全てやってくれます。 転送した後にトリミングすることが前提ならオリジナル画像のほうが粗が少なくて良い場合もあるのでここはお好みで。

Next

メールで写真を送る方法を知りたい|ネットの知恵袋|フレッツ光公式|NTT西日本

ただし、気をつけてほしいことがあります。 Wi-FiでのRAW画像の転送 基本的に Wi-Fiで画像転送する場合はデジタル一眼と言えども画像の転送には対応していません。 ) 「PlayMemories Mobile」アプリが必要 あらかじめ「PlayMemories Mobile」アプリをインストールしておく必要がありますが、もしもまだアプリを入れていないとしても、カメラとスマートフォンのNFCをタッチすると、 自動的に 「PlayMemories Mobile」アプリをインストールするよう促してくれます。 ここでは実際にデジカメで撮った写真を元に、その使い方を説明していきましょう。 カメラに表示されている〈SSID〉(DIRECT-xxxx:DSC-xxx)を選択し、パスワードを入力。

Next

メールで写真を送る方法を知りたい|ネットの知恵袋|フレッツ光公式|NTT西日本

Androidスマートフォンで操作する場合 「PlayMemories Mobile」を開くと接続機器を選択する画面が開きます。 たとえばiPhoneのカメラ機能はシンプルな撮影以外の撮影機能が非常に使いづらく、露出補正やホワイトバランスの調整が非常にやりづらいのです。 確実なのは「Google ドライブ」や「iCloud」などのストレージで共有する方法ですが、1枚2枚であれば、LINEやメールで送るのも手、いずれもWi-Fi環境で行うといいでしょう。 カメラの小さいディスプレイで見るよりも、スマートフォンやタブレットの大きい画面でみるとさすが細かなディティールも見えて、閲覧するだけでも楽しめます。 おおよそ7,000円が相場といった所だろうか マイクロSDカードに対応さえしていれば、スマホで使っているメモリーカードをデジタルカメラでも使うことで、画像をスマホで見たり、TwitterやInstagramといったSNSアプリでの共有も簡単になる。 さらに、このソフトには次の優れた点もあります:• アダプタを接続すると、カメラの写真がサムネイルで表示されます。

Next

デジカメとスマホを連携させて画像を送る6つの方法 [デジタルカメラ] All About

メールに写真を添えることでよりわかりやすく相手に内容を伝えることができますよ。 この様に通信可能距離が長いWi-FiはBluetoothに比べると電波が強いので通信速度は桁違いに速く、その分消費電力も高くなります。 基本、NFCをタッチすればあとはWi-Fiで画像が転送されていくので、カメラとスマートフォンはある程度距離を離しておいても何の問題もなくサクサクと写真が転送されていきます。 接続が簡単なことからWi-Fiよりも先にデジタル一眼とスマホの画像転送方法として普及しはじめました。 こうやって書いておきながらなんですが、多くの機種で現実的ではありません。

Next