ウェビナー zoom。 Zoomのウェビナーとは?料金や登録・招待などのやり方・使い方

ウェビナーでの利用が多い場合は有料アカウントの申し込みをしましょう。 Zoomミーティングとの違い オンライン会議ツール「Zoom」には、ウェビナーのほかに 「Zoomミーティング」と呼ばれるWeb会議サービスがあります。 FacebookやYouTubeと連携して配信可能 FacebookやYouTubeは人気のサービスですが、Zoomのウェビナーなら連携させることも可能です。

参加費の決済まで完了できる ウェビナー機能を導入すると、PayPalの決済機能を使うことができます。 お互いのID交換など余計な手間が少ないのは、どの立場の人にとっても魅力的でしょう。 ZoomミーティングとZoomウェビナーの違い 通常のZoomミーティングでも「ウェビナー」を行うことは可能です。

11

閲覧者 閲覧者はその名の通り、ウェビナーを聴講する参加者のことです。 また、Facebook LiveやYou Tubeを通してライブ配信できるのも大きなメリットと言えます。 Zoomミーティングとは違い、主催者 ホスト 側が、視聴側の発言や資料共有などを制御することができます。

6

ブレイクアウトセッションとは、参加者を複数の部屋に分けることができる機能です。 従来のセミナーは1回の参加で話を理解する必要がありましたが、ウェビナーなら同じセミナー動画を繰り返し閲覧することができます。

12

参加者は視聴のみ、基本的に画面には参加者が映らない。

19

PC付属のWebカメラやスマホなどを使ってビデオ通話が手軽にできるようになったり、Zoomなどのツールを使うことで簡単に開催できるようになっていますので、Webセミナー、オンラインセミナー、オンラインイベントなどを開催したい人はチェックしてみるといいでしょう。 同機能を利用し予め視聴者全体の名前を登録番号などに変更しておけば、リスクを回避することができます。 またパソコンやスマートフォンなど既存のデバイスを利用できるため、機器の導入にかかる費用の削減にも有効。

行政イベント• 以下、参加者100~10000人の利用料金です。 参加者は視聴のみ参加が可能で、ホストは、自分の画面を共有して、ビデオや音声を参加者と共有することができます。

7

当該ウェビナーを選択し、「開始」をクリックすることでウェビナーをスタートできます。

17