ワãƒŧドã‚ĻãƒĢフ ネã‚ŋ éĸį™Ŋい。 ワãƒŧドã‚ĻãƒĢãƒ•ãŽãŠéĄŒ 200問īŧæ‹æ„›ãƒģ゚ポãƒŧツãƒģéŖŸãšį‰ŠįŗģãŽãŠéĄŒã‚‚

ワãƒŧドã‚ĻãƒĢフはčĒ°ã‚‚ãŒéŠãšã‚‹ã‚˛ãƒŧムですīŧ ワãƒŧドã‚ĻãƒĢフは、そぎ手čģŊさで嚅åēƒã„åš´éŊĸåą¤ãĢ大äēēæ°—ãŽã‚˛ãƒŧムです。

7

こぎã‚ĸプãƒĒは非常ãĢ操äŊœãŒį°Ąå˜ã§ã‚るため、ã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗツãƒŧãƒĢとしãĻもäŊŋį”¨ã™ã‚‹ã“とができぞす。 意å‘ŗãĢé–ĸわらずį ´čŖ‚éŸŗはåē•æŠœã‘ãĢぞãŦけというわけだ。

プãƒŦイヤãƒŧå…¨å“Ąã§ã€Œã“ãŽäēēだ」と思うäēēを一斉ãĢ指さしぞしょう。

4

やめるわ。 ぞとめ ã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ã€ã€ŒãŠéĄŒã§éŠãļワãƒŧドã‚ĻãƒĢフとはīŧŸãƒĢãƒŧãƒĢはīŧŸã‚ĸプãƒĒもあるよ。 ã‚Ēãƒŗナイãƒŗ寞åŋœã—ãĻã„ã‚‹ãŸã‚ã€ã„ã¤ã§ã‚‚ãŠã“ã§ã‚‚čĄŒã†ã“ã¨ãŒã§ããžã™ã€‚

12

ã‚˛ãƒŧムãĢæ…ŖれãĻきたらそぎéƒŊåēĻäēē数をčĒŋ整しãĻã‚‚č‰¯ã„ã ã‚ã†ã€‚

18

č‡Ē分ぎåŊŧåĨŗとぎ性äē‹æƒ…もあぞりäģ–äēēãĢčŠąã™äēēは少ãĒãã€ã†ãžã„å…ˇåˆãĢæĩã™ã‚ˆã†ã§ã™ã€‚ もし「č‡Ēåˆ†ãŽãŠéĄŒãŒå‘¨å›˛ã¨é•ã†ãĒ」と思ãŖたら、あãĒたがワãƒŧドã‚ĻãƒĢフかもしれぞせん。 「äģŠæ—Ĩぎ服čŖ…äŧŧ合ãŖãĻるねīŧã€ã€ŒéĢĒ切ãŖたんだ」ãĒお。

3

䞋えば「čŸģ」というテãƒŧマで、ワãƒŧドã‚ĻãƒĢフは「キãƒĒã‚ŽãƒĒ゚」だ、とã‚ĸã‚ŋãƒĒをäģ˜ã‘ãĻäŧščŠąã‚’é€˛čĄŒã—ãĻいたら、ワãƒŧドã‚ĻãƒĢãƒ•ã¯ã€ŒčąĄã€ã ãŖた、ということもâ€Ļâ€Ļ。 しかし、ワãƒŧドã‚ĻãƒĢフぎ元ネã‚ŋである「äēēį‹ŧã‚˛ãƒŧム」は、嘘をつくことが遊ãŗぎ醍醐å‘ŗとãĒãŖãĻいぞす。 〈ãƒĢãƒŧãƒĢ2〉 投įĨ¨ã§ãƒ¯ãƒŧドã‚ĻãƒĢãƒ•ãŒč˛ ã‘ãŸæ™‚ã€ãƒ¯ãƒŧドã‚ĻãƒĢãƒ•ãŒå¸‚æ°‘ãŽãŠéĄŒã‚’į­”えられればワãƒŧドã‚ĻãƒĢフぎ逆čģĸå‹ãĄã€‚

9

そしãĻã€å…¨å“ĄãŒä¸Žãˆã‚‰ã‚ŒãŸå˜čĒžãĢついãĻäŧščŠąã‚’しぞす。

14

というわけでäģĨ前、ツイッã‚ŋãƒŧでã‚ĸãƒŗã‚ąãƒŧトを取ãŖた。 ワãƒŧドã‚ĻãƒĢフīŧˆã‚ĸプãƒĒį‰ˆīŧ‰ãŽã€ŽãƒĢãƒŧãƒĢ』 それでは、ここからワãƒŧドã‚ĻãƒĢフīŧˆãƒ¯ãƒŧドäēēį‹ŧīŧ‰ãŽčŠŗしいãƒĢãƒŧãƒĢãƒģ遊ãŗæ–šã‚’į´šäģ‹ã—ぞす。 éĸį™Ŋã„ã‘ãŠã‚‚é…ˇã™ãŽã‚‹ã€‚

13