遊戯王 スペル スピード。 スペルスピードとチェーンについて

となると、「サイレント・バーニング」は、試行錯誤によるテキストの サイレント修正を受け、プレイヤーの誤解を バーニング! させてしまった可哀想な被害者だったのかもしれません。

13

従って召喚成功時の効果発動を許さず、永続効果も適用されないままとなります。 型の次世代決闘盤「」に乗り、フィールド魔法「スピード・ワールド WRGP編以降はスピード・ワールド2 」を発動してデュエルする。

チェーンブロックとは? 遊戯王OCGではチェーンを繋ぐことを「チェーンを積む」と言います。 「パーフェクトルールブック2020」によれば 「スペルスピード」とは 「全ての発動する効果にはスペルスピードが設定され、その効果にチェーンして発動できるかが決められている」 とあります。

このカードをリリースし、~する」といったテキストになります。

19

罠カードについて 罠カードはいずれもスペル以上のカード群で3種類のうち 通常罠、永続罠がスペル のみがスペルスピード3になります。 という事です。

13

本来であれば不要なはずのテキストを削ったのに、ユーザーの理解を妨げてしまいます。 ライフゲイン• 4個:「自分の手札のSp-の名のつく魔法カード1枚につき相手に800のダメージを与える」• スペルスピード2:魔法カード(速攻魔法)、モンスター効果(誘発即時効果)、罠カード(通常罠、永続罠) スペルスピード2のカードは、スペルスピード1または2のカードの発動にチェーンして発動することができます。 タイミングを選ばずに発動できるカードや相手ターンでも発動できるカード等が当てはまります。

1