三重 čˇŗãŗ ã‚ŗツ。 į¸„čˇŗãŗを始めぞしたīŧˆä¸‰é‡čˇŗãŗ30回ãĢ挑æˆĻīŧ‰

というぎも、三重čˇŗãŗができると一気ãĢ技ぎ個数がåĸ—やせるんです。 さらãĢ回数がčˇŗずるようãĢãĒãŖたら、10į§’間でäēŒé‡čˇŗãŗがäŊ•å›žčˇŗずるかぎįˇ´įŋ’をしぞす。

5

とんãŗは地域ãĢよãŖãĻå‘ŧãŗ斚が違ãŖãĻいるようで、三重čˇŗãŗぎはやãļさãĒおとå‘ŧばれãĻいぞす。

15

とくãĢ三重čˇŗãŗぎ場合は 旊く回せるį¸„čˇŗãŗを選ãļåŋ…čĻãŒã‚りぞす。

9

そしãĻ、こぎįˇ´įŋ’で埚ãŖたéĢ˜é€Ÿå›žčģĸとジãƒŖãƒŗプをįĩ„ãŋ合わせれば三重čˇŗãŗぎ厌成です。

20

ãĒぎでã‚ĢãƒŗフãƒĢ剤įš„ãĢį¸„čˇŗãŗをįŸ­ãã—ãĻãŋぞしょう。

9

åŧ•ãŖかからãĒいゎãƒĒã‚ŽãƒĒぞでįŸ­ãã—ãĻ挑æˆĻするといいでしょう」 【ポイãƒŗト2】äēŒé‡čˇŗãŗぎį†Ÿįˇ´åēĻ 「三重čˇŗãŗをするãĢはäēŒé‡čˇŗãŗぎį†Ÿįˇ´åēĻがåŋ…čĻã§ã™ã€‚

1

002で書いた「čˇŗčēãŽéŸŗãĢ合わせる」というぎも、īŧ“回回しãĻæŦĄãŽčˇŗčēãĢį§ģるぞで、į¸„を「垅たせãĻ」ã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢã™ã‚‹ã¨č¨€ãˆã‚‹ã ã‚ã†ã€‚

6