マヤ 文明 滅亡 理由。 【驚愕のマヤ文明・前編】マヤ文明の繁栄&衰退理由とは?

そして、 第六の時代はその代償に向き合うとともに新たな道を模索する時代になるのではないだろうか。 これが今現在の情報でのXデーと判明しました。

1

天体観測の出来る道具などない時代に太陽暦を使用する高い能力や技術には 現代人にはない優れた能力や力があった事は間違いないでしょう。

3

明らかに時代の流れが切り替わりつつあると思えるのは私だけだろうか。 例外として河川流域においてはによる輸送が行われ、また後古典期に入ると海上輸送が成長してなどの海港都市も発達するようになったが、海や河川の存在しないマヤ低地の大部分においては最後まで輸送は人力を主としていた。 たとえて言うなら、9人で10人分の食糧を作ること。

9

マドリッド絵文書• さらにマヤ文明は 0(ゼロ)の概念を持った世界最古の文明として知られているが、これは我々の知る「 0=無」「 起点」といった概念とは違い、「 完了」や「 満杯」といった意味で使われていたという。 ところが、真水を得るのが難しい。 さらに東西南北にも4本の命の木が立つとされていた。

15

地球温暖化の進行により気象災害も年々増えている。 すべてはマヤの技術の高さが、その文明観や歴史を後世に伝えることになったのだ。 「ティカルの中央貯水池がライフラインから病気を誘発する場所に変わってしまったことは、この巨大な都市の放棄をもたらす実際的かつ象徴的な説明になるでしょう」と研究論文には記されている。

19

マヤの都市国家の間では戦争が頻繁に行われ、敵の戦士が数多く捕虜になりました。 そして現在、核兵器が作られています。 年が変わるだけで、滅亡などしない。

4

「人間に危害を加えない」というルールを組み込んでおけばいい。 残るひとつが 「天界の住居が大音声とともに落ちてくる。 地球は滅亡していないので、この都市伝説は外れたことになる。

最近になってマヤ文明について新たなことが分かってきた。 一方で文明が衰退し中心地が変わったため、交易経路も変更されたという考えもあり、不確実です。 ぜひ、今後のブログもご覧ください。

2

ついに地球滅亡の日が来るかもしれません。 この説が正しいとすれば、人類はあと12年以内に滅亡することになるが… マヤ暦の真実 少し不安をあおったところで、この説の真相に迫っていきたい。 (ココム)• 全編通じてマヤ語が使われている。