テオフィリン 中毒 症状。 NSAIDs中毒の疾患・症状情報|医療情報データベース【今日の臨床サポート】

〕 高齢者(「高齢者への投与」の項参照) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人、産婦、授乳婦(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 小児 小児、特に乳幼児は成人に比べて痙攣を惹起しやすく、また、テオフィリンクリアランスが変動しやすいのでテオフィリン血中濃度のモニタリングを行うなど、学会のガイドライン等の最新の情報も参考に、慎重に投与すること。 テオフィリンを使うことになった喫煙者の方は、この機会に禁煙することを強く推奨します。

11

喫煙(タバコ)もCYP1A2を誘導するため、テオフィリンのを下げる要因となります。 また、連続併用によりテオフィリン血中濃度が上昇することがある。

5

テオドールの血中濃度の上昇を怖がって自己中断してしまうと、今度はCOPDや喘息のコントロールが悪くなってしまいます。 同様の成分のお薬が、テオロング、スロービッド、ユニフィル、テルバンス、テオフルマート、テオスロー等と言う名称で、各社から製造販売されています。

併用により中枢神経刺激作用が増強される。

10

しかし風邪などひいてテオフィリンの血中濃度が上がりやすい時に、カフェインが入ってるお茶などを飲むのは注意してください。

13

そのためテオドールを使用する場合は、喘息もCOPDも吸入薬だけでコントロールできない重症な場合が多いです。

11