かど で 大井川。 大堰川とは

よしほめん花の実の名は梅ぼしよ 崑山集• 今朝ひかむ額 ひたひ も痛い迎酒 むかひざけ 新編柳多留、19• しかし、大井川沿線は景色が良いですね。 杖軽 かろ し持ちたる太刀も代替えつ 享保12年信州万句合、廻文歌仙• 品もろい白菊切らじ色もなし 毛吹草追加下• 池の藻よ花初花は四方の景 毛吹草六、廻文之発句• 目見おきつさいもみもいざ月を見め 紙屋川水車集、第一• さあ霧 たちに立ちたりき朝 毛吹草追加下、南何• 老の名は若 も し友歳も花の庵 新編柳多留、17• 私も「どんな関係?」と問い、喧嘩何度もしたわ。

今疾 やま い数を直すか今疾い 紙屋川水車集、第九• 出来た火を手向 たむけ にけむたお火焼 た きて 紙屋川水車集、第一• 皆見たき草花は咲く北南 夢見草、五• 『我ら下男に致死。 友の来ついざ見ん見さい月のもと 崑山集• 大井川沿いには大井川鉄道が走っている。 緑茶・農業・観光の体験型フードパーク「KADODE OOIGAWA」施設詳細を発表! 岸の片股 かたもも 鷹の食 じき 卜養狂歌集• 理屈なは駄目だぞ駄目だ花作り 毛吹草六、廻文之発句・崑山集• 中世には流域両岸の諸荘園を灌漑 かんがい する目的で桂川用水が開削されている。

15

和歌の師よ花嫁よ名は吉野河 崑山集• たつたるは立つたや立つた春立つた 鷹筑波、五・崑山集• 子は誰ぞ二度まで窓にそれた羽子 はご• 独りのみ悲しき品か御法 みのり 問 とひ 毛吹草追加下、春日何• 猪 しし の怒りか狩か猪 い のしし 紙屋川水車集、第八• 簡単な回文、面白い回文、長い回文、英語や単語の回文など色々な回文をまとめてみました。

1

竹抜けた• しべなみをよくさき咲くよをみなへし 毛吹草六、廻文之発句• 御簾透きつ内裏がり行た月涼み 紙屋川水車集、第一• 大工は来つつ続きはぐ板 毛吹草追加下、春日何• [織田武雄]. 蹴破り背ですぐに居合わせる敵。 月星浮ぶふかう汐来つ 毛吹草追加下、春日何• 猪 しし と猪鹿添ふぞかし猪としし 崑山集• 妹がそんならなんぞかと思い 三種尺初• こんな誘なう夜、男の子を抱かす所の、この意外さ。 今朝飲むが自慢ぞむまし寒の酒 鷹筑波、五• たつたや春は春はや立った 毛吹草追加下、南何• 我が留守待とう疎 うと まするかわ 廻文俳諧之歌仙• 扉無くす彼、菱形の中に馴染み箱を。

10

ちょっとブレている。

20

竹やぶ焼けた• また下嵯峨から松尾にかけての桂川東岸の罧原堤(ふしはらづつみ)も、その際に築造されたといわれる。

4

岸に葉の柳退きなや野は錦 夢見草、五• 月を常くず屋は安く寝つ起きつ とはず口・梅の艶・新編柳多留、13• イカ食べたかい• たしかに貸した• 待つ無駄寝廓を悪く妬む妻• 皺 しは の悔 くゆ 長な日永なゆぐのはし 世話焼草、五• 寄りつ祭よよりつ祭よ 紙屋川水車集、第九• 亀岡盆地以南を,以南をと呼ぶ。 しきくやむ焼野をのけや無益 むやく 雉子 崑山集• 腰撫でて形恥ぢたか父 てて なし子 享保12年信州万句合、廻文歌仙• 今朝嵯峨は御代祝ひ読み和歌ささげ はした柴• 中ごみかりくつにつくりかみこ哉 崑山集• 造営の時、現在の右京区京北町の木材を京都に運搬するなど、桂川の流れは丹波と山城、摂津の木材輸送によく用いられた。

もいのとやふとやるせなし鐘鳴るな音が仕なせるや問ふ宿の妹 いも 毛吹草追加下、廻文の狂歌• しかし仕方がない。 ながき馬場雪掃けば消ゆははき哉 崑山集• 折るな枝野菊の茎のたえなるを 峯の嵐• 今朝の菜は下地にしたし花の酒 俳風国恩会狂句• 我が水な流れ寄れかな菜つみ川 七種、崑山集• ウナギなう うなぎなう• かしこきが童 わらわ ら童垣ごしか 紙屋川水車集、第一• よく敷くか畳のみ只かく敷くよ 毛吹草追加下、春日何• 柴の戸や虫を寝惜しむ宿のはし はした柴• しらぬ身よ哥がらかたう読みぬらし 毛吹草追加下、南何• イイ女男のことを難を言イ 柳風狂句合• 我が立つ岸にも錦龍田川 廻文俳諧之歌仙• 伊勢の戻りか借り供の勢 享保12年信州万句合、廻文歌仙• 大人気! 師也子に物くしくのも濁り無し 折句紀の玉川、四• 中乗るは馬 むま のこのまむ春野かな 毛吹草六、廻文之発句• ながきつた軒這ふは木のたつき哉 崑山集• たのみつつ群り刈らん堤の田 崑山集• サア熨斗 のし とよろこぶ頃よ年の朝 信州万句合集・新編柳多留、七• 怪我をしば悔やむも無益 むやく 梯 はし を掛け 俳諧廻文百韻• 柴筏来る櫂かるく高い橋 折句紀の玉川、四• よみ色紙見よよみ色紙見よ 紙屋川水車集、第二• 今朝何事を男になさけ 毛吹草追加下、南何• 夜も百夜 ももよ かよふ逢ふ夜か夜も百夜 紙屋川水車集、第二• 湊なは錦か岸に花と波 崑山集• こちらも近代土木遺産に選ばれている。

18

もとの名は変りけり我が花の友 鷹筑波、五・峯の嵐• 友の曳 ひき がな長き日のもと 廻文俳諧之歌仙• やる樽や今朝なんなさけやる樽や 紙屋川水車集、巻軸• 師走 しはす 事無 な みみなと越す橋 紙屋川水車集、巻軸• やめざるは延びたる旅の春雨や 俳諧廻文百韻• かすむ扇子 せむす かかすむ扇子か 紙屋川水車集、巻軸• たばこのみ起きつつ月を見のこはた 紙屋川水車集、第二•。

6