大äēē おねしょ する。 大äēēãĢも多い夜å°ŋį—‡īŧˆãŠã­ã—ょīŧ‰

åŽļ族、友äēē、恋äēē、äŧ´äžļ、ãĒãĢもぎでもかぞいぞせん、č‡Ē分ãĢį´”į˛‹ãĒ愛を感じさせãĻくれるäēē、与えãĻくれるäēē、もãŖã¨č¨€ãˆã°ãã‚ŒãŒäēēでãĒくとも愛ãĢæē€ãŸã•ã‚ŒãĻさえいたãĒらč‡Ē分をč§Ŗ攞できるはずです。

å°ŋå¤ąįĻãžã§ãĢč‡ŗらãĒくとも、 夜間é ģå°ŋãĢãĒãŖãĻį”Ÿæ´ģãĢ支障がå‡ēることもありぞす。 į§ãŒãŠã­ã—ょするときぎæŗ•å‰‡ã€‚

14

つぞずきやすいīŧˆčļŗ元が不厉厚īŧ‰â€ĸ。 小さい時から夜å°ŋがįļšã„ãĻいãĻīŧŒæ˛ģį™‚をせずãĢéĢ˜æ Ąį”Ÿã‚„大å­Ļį”Ÿãžã§įĩŒéŽã—ãĻしぞうとīŧŒå¤œé–“å°ŋ意でį›ŽãŒčĻšã‚ãĻもトイãƒŦãĢčĄŒã‘ãĒかãŖたりīŧŒäŊ“ã‚’čĩˇã“しãĻトイãƒŦãĢčĄŒããŽãŒéĸ倒ãĢ感じたりしãĻ夜å°ŋがいつぞでもįļšã„ãĻしぞいぞす。

19

į—…é™ĸや整äŊ“ãƒģ針æ˛ģį™‚とかãĢいろいろé€ŖれãĻかれ、æĨずかしい思いをいãŖãąã„ã—ãžã—ãŸã€‚

14

胃ã‚ĢãƒĄãƒŠã‚’éŖ˛ã‚‚うと思うんですが常ãĢ気分がæ‚Ēいぎでį—…é™ĸãĢã‚‚čĄŒã‘ãĒいįžįŠļです。

4

į‹ŦčēĢ時äģŖãĢåŊŧ äģŠãŽå¤Ģ ぎåŽļでおæŗŠãžã‚Šã—た時ãĢも、やãŖãĄã‚ƒãŖたäē‹ã‚りぞす įŦ‘ そぎ垌、įĩåŠšã—ãĻįžåœ¨ãĢč‡ŗりぞす。 įŗ–å°ŋį—…ã‚„. ã§ã‚‚ãƒ—ãƒŠã‚šæ€č€ƒãĢãĒろうとåŠĒ力しãĻいぞすぎでäģŠå›žãŽäē‹ã¯ã€ãĒã‚“ã‹č‰¯ã„ã“ã¨ãŒčĩˇãã€ã•ã‚‰ãĢäģŠæ‚Šã‚“でいる不厉įĨžįĩŒį—‡ãŒå›žåžŠãĢ向かãŖãĻいるととらえるäē‹ãĢしãĻ、さらãĢ厌æ˛ģしたäē‹ã‚’åĻ„æƒŗしãĻいぞす。

4

これが寝ãĻいる間ãĢおこることでおねしょãĢãĒãŖãĻしぞうことがありぞす。 å­ĻįĢĨ期ãĢãĒãŖãĻもおねしょが掋る子䞛は全äŊ“ぎ10īŧ…ãģãŠã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいぞす。 おねしょを攚善するãĢはčĻ‹æĨĩめがとãĻも大切です。

2

åŊŧ氏と一įˇ’ãĢįœ ã‚ŒãĒい į§ã¯æ—…čĄŒãŒåĨŊきãĒã‚“ã§ã™ãŒã€æ—…čĄŒã™ã‚‹ã¨ãã¯æ¯Žå›žãŠã­ã—ã‚‡ã—ãĒいか不厉です。

こぎようãĒ場合は、 äēŒæŦĄæ€§å¤œå°ŋį—‡ã¨ã„われぞす。 しばらくäŧšį¤žã‚’äŧ‘ãŋ、äŊ“čĒŋを整えãĻã‹ã‚‰åžŠčˇã§ããžã—ãŸãŒã€äģŠã§ã‚‚į–˛ã‚ŒãŒæēœãžãŖた時は夜å°ŋį—‡ãŽå†į™ēがåŋƒé…ãĒぎで、 é˜˛æ°´ã‚ˇãƒŧãƒ„ã‚’æ•ˇã„ãĻ寞į­–しãĻいるそうです。

14