血豆 ぎ æ˛ģし 斚。 åŖãŽä¸­ã‚’å™›ã‚“ã§ã§ããŸčĄ€čą†â€Ļおうæ˛ģすずきīŧŸåŽŸå› ã¨å¯žå‡Ļæŗ•ã‚’ごį´šäģ‹

ã“ã‚Œã‚‰ãŽčŒã¯į›ŽįĢ‹ãŖたæ‚ĒさはしãĒいことが多いぎですが、こぎį´°čŒãŒå¤§é‡ãĢåŖぎ中ãĢいるįŠļ態がįļšãã¨čģŊいį‚Žį—‡ãŒčĩˇã“ãŖãĻきぞす。 č…Ģã‚ŒãŒã˛ã„ãĻいくとį—›ãŋも収ぞãŖãĻいきぞす。

éŖŸãšãĻいる時ãĢ、とがãŖãĻいる部分がåŖぎį˛˜č†œãĢãļã¤ã‹ã‚Šã€čĄ€čą†ãŒå‡ēæĨãĻしぞうぎです。

čĄ€čą†ãŒã§ããŸã¨ããŽå¯žå‡Ļæŗ•ã¯īŧŸãŠã†ã™ã‚Œã°æ—Šãæ˛ģるīŧŸ åŖãŽä¸­ãŽčĄ€čą†ã¯å¤§å¤‰æˇąã„ã§ã™ãŒã€ 寞å‡Ļæŗ•ã¨ã—ãĻはč‡Ēį„ļæ˛ģį™’を垅つしかありぞせん。 į§ã¯åŖぎ中ãĢčĄ€čą†ãŒã§ããŸãģうがį„Ļりぞす。 Q īŧ’īŧæ—Ĩ前ãĢå¤Ēももīŧˆæ¨Ēīŧ‰ã‚’æ‰“æ’˛ã—ãĻ内å‡ēčĄ€ã‚’ã—ãžã—ãŸã€‚

10

でも、īŧ‘つį–‘問がãƒģãƒģãƒģ もし、æŊ°ã‚ŒãĻしぞãŖãŸã‚‰ãŠã†ã™ã‚Œã°č‰¯ã„ãŽīŧŸ čĄ€čą†ãŒæŊ°ã‚ŒãĻしぞãŖたらīŧ åŖぎ中は毎æ—ĨéŖŸãšį‰Šã‚’å…Ĩれたり、気ãĢãĒãŖãĻčˆŒã§æŊ°ã—ãĻしぞãŖたりすることがありぞす。 ãĄãĒãŋãĢ、čĩ¤ãƒ‹ã‚­ãƒ“ãĢ劚くと有名ãĒã‚ĒロナイãƒŗãĢは、クロãƒĢãƒ˜ã‚­ã‚ˇã‚¸ãƒŗグãƒĢã‚ŗãƒŗé…¸åĄŠæļ˛ãŒåĢぞれãĻいるため、初期ぎčĩ¤ãƒ‹ã‚­ãƒ“であればæŽēčŒåŠšæžœã§æ—Šãæ˛ģせる場合があるでしょう。

į—…æ°— åŖぎ中ãĢčĄ€čą†ãŒå‡ēæĨた時ぎ寞å‡Ļæ–šæŗ•â€ĸ ã“ãŽå ´åˆãŽčĄ€čą†ã¯ã€ã€ŒåŖ内į‚ŽãŽį—‡įŠļãŒé€˛ã‚“ã ã€įŠļ態ですぎで、æ˛ģį™‚がåŋ…čĻãĢãĒりぞす。 å­Ŗį¯€ãŽå¤‰ã‚ã‚Šį›Žã¯čĄ€æ “性外į—”核ぎæ‚Ŗč€…ã•ã‚“ãŒåĸ—えぞす。 指先ぎ場合 æŒ‡å…ˆã‚‚æœ€ã‚‚čĄ€čą†ãŒã§ãã‚„ã™ã„ã¨ã“ã‚ãŽ1つといãŖãĻいいでしょう。

。 čĻĒįŸĨらずぎį”Ÿãˆæ–šã¯ãã‚Œãžã‚Œã§ã™ãŽã§ã€į”Ÿãˆæ–šãĢよãŖãĻは抜歯がåŋ…čĻãĢãĒることもありぞす。

4

柔らかく、ãļよãļよした感じです。 歯ぎ噛ãŋ合わせぎ変化â€ĸ 「å…Ĩれ歯がæ“ĻれãĻå‚ˇãŒå‡ēæĨãĻしぞãŖた。 æ°—é•ˇãĢæ˛ģã‚‹ãŽã‚’åž…ãĄãžã—ã‚‡ã†ã€‚