セリヌンテ ィ ウス。 商品紹介

このような戦いによって、沿い国境の守りが固められた。 セリヌスの大テーブルは1871年に神殿Gのアディトンで発見されたものである。 北側15メートルには、ゼウス・メリキオス(シケリアの地方信仰で、優しいという意味)およびパシクラテイア()に捧げられた別の正方形(17 x 17メートル)のテメノスがあり、かなりの遺物が残っているが、紀元前4世紀末に建てられた建造物を正確に推定するのは困難である。

15

この中ではトゥキディデスの説がもっとも信頼性が高く思われる。

14

ディオニュシオスがカルタゴとの戦争を再開すると、セリヌスはこれを支援したが 、の平和条約では再びカルタゴの支配となることが決められた。 ナオスはプロナオスから一段高くなっており、ナオスにはさらに一段高くなったアディトン(神像安置室)があった。 コンスタンティス・クロルスが統治するで鋳造されたアルゲンティウス銀貨。

8

最初の祭壇は神殿CおよびBの近くにあり「メガロン」と呼ばれている。 神殿Aのナオスとプロナオスの間の壁には、2箇所の螺旋階段があり、上部のギャラリーに行けるようになっていた。

8

日本のメダカとは違うグループですが、系統としては近い関係にあります。

1

日本ではまだ知られていませんが小さくて可愛く、そして壮大なシチリアの風景を眺める事ができます。