メチコバール 錠 500μg 0.5 mg。 メチコバール錠500μgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

光が当たると含量が低下します。 事例63• 本剤はベンゾジアゼピン系薬に分類されており、抗不安作用や馴化(じゅんか)作用を示すため、不安、抑うつ、心身症に用いられる。 ただし、年齢及び症状により適宜増減する。

18

まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。 事例72• アリナミンEXゴールド(武田薬品) などがあげられます。 また、 妊娠中の方や 授乳中の方も思わぬ副作用が生じたり、赤ちゃんに影響が出てしまうことがあります。

5

事例58• 事例20• 医薬品名の類似に関しては、共に最初が「メ」で始まり「ール」で終わる 6 文字で構成され、音の響きも似ている。 事例29• 事例19• その他 メチコバールは個人の症状や体質などに合わせて 、医師が用量を調節して処方します。

7

7円/錠 乳糖水和物 結晶セルロース カルメロースカルシウム ステアリン酸マグネシウム 軽質無水ケイ酸 ヒプロメロース マクロゴール6000 精製白糖 ゼラチン アラビアゴム末 タルク 沈降炭酸カルシウム 酸化チタン 硫酸カルシウム ポリオキシエチレン(105)ポリオキシプロピレン(5)グリコール カルナウバロウ 東和薬品 後発品 5. 事例23• ナボリンEB ナボリンS 葉酸の 有無 含まない 含む 最小包装の希望小売価格 2,592円 (45錠) 1,580円 (21錠) 1錠あたりの価格 57. 事例92• 事例14• その他、ビタミンB12は血液の生成にも関わっているため、巨赤芽球性貧血など貧血の種類によっては 処方されることもあります。 事例88• 事例12• 特徴 補酵素型のビタミンB12です。

13

末梢神経の傷が原因となる肩こりや腰痛• RMP全文• 薬・サプリメントとの飲み合わせ 市販薬でメチコバールとの飲み合わせに注意が必要な薬は特にありません。

2

事例81• 事例93• 妊娠中・授乳中の服用 妊娠中・授乳中にメチコバールを服用した場合の胎児への影響は報告されていません。 栄養剤としてビタミンの補給が必要なのは、消耗性の病気や胃腸に病気のある人などです。 事例126• 事例24• 分割後安定性• 事例101• 事例08• 手足の痛みの緩和にメチコバールを使用する場合、リリカと併用することがあります。

18

薬だけに頼るのではなく、生活習慣の改善から意識していきましょう。 事例125• 事例57• 事例116•。 十分な効果が期待できなかったり、多く飲みすぎることで副作用が強く出てしまったりすることがあるため、以前処方されたメチコバールが余っているなどの理由で、自己判断で服用するのはやめましょう。

20

手足のしびれ・痛みへの効果 末梢神経障害のなかでも、手足のしびれは多くみられる症状のひとつです。 事例117• 【備考】 手足のしびれ症状には、たいていメコバラミン(この薬)が処方されます。 (PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜に刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている) 効能・効果に関連する使用上の注意 本剤投与で効果が認められない場合、月余にわたって漫然と使用すべきでない。

16

嗅覚障害 など、さまざまな神経の損傷が原因となる症状に対して効果があるのです。 事例47• 事例65• また、メチコバールは、手足のしびれや痛みだけでなく、• 事例95• しかし、メチコバールの処方を希望する場合は、妊娠中や授乳中であることを産婦人科の医師に事前に相談するようにしましょう。

9