金曜 ロード ショー 天使 に ラブソング を。 金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト企画第1弾 『天使にラブ・ソングを…』5月15日放送決定!|金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ

金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト企画第1弾 『天使にラブ・ソングを…』5月15日放送決定!|金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ

金ロー「キューブリックや、ヒッチコック、スピルバーグの名作映画で視聴率爆上げだ!!」 金ロー「モノクロ映画祭りや!『12人の怒れる男』『アパートの鍵貸します』『カサブランカ』!」 金ロー「『風と共に去りぬ』『大脱走』『ベン・ハー』『アラビアのロレンス』も全編ノーカットや!」 金ロー「死霊のはらわた、トータルリコール、時計仕掛けのオレンジも修正なしで放映だ!!」 金ロー「名作邦画も放映するぞ!!『七人の侍』『幸福の黄色いハンカチ』『犬神家の一族』『ラヂオの時間』『ラブレター』で名作ぞろいだ!!」 金ロー「流行を取り入れて23週連続アベンジャーズ祭りもやるでぇ!」 金ロー「うおおお!!映画のパワーを思いしれええええ!!」. 重要参考人として警察に保護された彼女は、ヴィンスの裁判の日までカトリック系の聖キャサリン修道院に匿われることになる。 老若男女問わず楽しめる内容の『天使にラブ・ソングを…』を、ぜひチェック!! 笑いあり、涙あたりのハートフルコメディー。 ジョーイ:ロバート・ミランダ(山下啓介)• あの頃歌った曲の音程はいまでも簡単に思い出せるし、多分きっとハモって歌うことも可能だと思う。 私か姉なのか…記憶が定かではないのだけど、ピアノが弾ける、ということで、伴奏係をどちらかがやったんじゃなかったかな…とうろ覚えながら、この曲のインパクトはすごく残っているし、この映画の曲、というのもちゃんと覚えていた。 サウザー警部:ビル・ナン(西村知道)• ベテランのラザラス尼(メアリー・ウィックス)から聖歌隊のリーダーを引き継ぎ、ノリの良さと楽観的な性格を活かして一躍人気シスターの座をゲットする。 歌のレパートリーにデロリスお得意のソウルやロックナンバーを加え始めたのだ。

Next

【天使にラブ・ソングを】|さかいさん。|note

なぜか他の学年は行っていなかったようなコンクールに出たり、人前で歌うことも多かったような気がする。 その翌週は山崎賢人主演の『 キングダム』が、本編ノーカットで地上波初登場だ。 金曜ロードショー、視聴者のリクエストに答えて放送するとのことで、まずは第一回目がこれでしたね。 。 『天使にラブ・ソングを』は、そんな彼女のシリアス&コメディ&シンガーとしての才能のすべてを凝縮した、最高に贅沢な一作。 か細くて自信がなく、声を出せていない人に対しても微笑みかけて、「まずは目を閉じて…」とユーモアたっぷりなイメージトレーニングからするところ。 デロリスもまた、シスターたちとの関わりを経て、少しずつ心が変化していくのを感じていた。

Next

金曜ロードショー「視聴率上がらんな~………せや!!!」

お世辞にもうまいと言えない聖歌隊だったが、デロリスの指導とゴスペルの要素を取り入れた賛美歌が評判を呼び、次第に有名になっていく。 ヴィンスはデロリスを修道院から連れ去り始末しようとするが、そこにはシスターたちの姿が……!? だがある日、ヴィンスが裏切り者を始末する現場を目撃したため命を狙われる。 製作総指揮:スコット・ルーディン• 臨時避難場所としてやって来たデロリスにとってこれは計算外。 先生の練習は楽しくて、不登校だったなりに、がんばって部活は行っていたなあと思いだす。 1987年に初めて本作の映画化の話が持ち上がった際には、ベット・ミドラーがデロリス役を演じることになっていたというが、もしも彼女が演じていたら本作で歌われるゴスペルミュージックはまた別の物になっていただろう。 自身のノウハウから下手糞な聖歌隊を鍛え上げ、退屈な聖歌をモータウンの楽曲の替え歌にアレンジして派手なパフォーマンスを繰り広げ、保守的で厳格な修道院長との対立をよそに、一躍町中の人気者になる。 映画紹介Vtuberの常世モコです。

Next

【同時視聴】金曜ロードショー「天使にラブソングを…」【Vtuber】

そこで、デロリスは持ち前の気の強さと明るさ、そして前向きな性格を発揮し、これまで院長に抑えつけられてきた若い甘僧、シスター・パトリック(キャシー・ナジミー)やシスター・ロバーツ(ウェンディ・マッケナ)たちと友情を拡大。 そんななか、デロリスはシスターたちが参加している聖歌隊の指揮者を引き継ぐことに。 デロリスと修道院長の掛け合い• 音楽の持つパワーというのを改めて教えてくれる、永遠に色あせることのない名作だ。 その厳しさは、祈りと奉仕の場であるはずの修道院をまるで矯正施設に変えていた。 誘拐の現場に居合わせたために巻き添えでさらわれてしまい、デロリスの機転で逃げ出したシスター・ロバートの報告でデロリスの素性に対する疑いが持ち上がる。 見てはいけないものを見てしまったデロリス。

Next

【金曜ロードショー】映画『天使にラブ・ソングを…』今夜21時放送。視聴者からのリクエスト放送第1弾はウーピー・ゴールドバーグ主演のあの名作!

その優しさや明るさ、自信、楽しさが伝播していくのがしっかりと伝わってくるのが、この映画の大好きなところだ。 そんな彼女にとんでもない災難が降りかかる。 製作:テリ・シュワルツ• ところがある日、デロリスは自分の愛人で地元のボスでもあるヴィンス(ハーベイ・カイテル)が組織の裏切り者を殺害する現場を目撃してしまう。 金曜ロードショーで懐かしなあ、と思いながら見てみたけれど、私が覚えていたのは2の方だったようで、「え!こんな展開なの!」とびっくり… それでもどこか懐かしくて、破天荒で、「そこできっとこう!」という、先が読めるながらも面白いどたばたコメディーは、あっという間の二時間だった。 みんなの「みたい映画」まだまだ募集中! 金曜ロードSHOW!では、引き続き皆さんのリクエストを受け付けています。

Next

金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト企画第1弾 『天使にラブ・ソングを…』5月15日放送決定!|金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ

ヴィンス:ハーヴェイ・カイテル(堀勝之祐)• シスター・メアリー・ラザラス:メアリー・ウィックス(牧野和子)• いつまでも見れる映画、いつまでも大事に、愛される映画は、こういう作品のことを指すんだろうなあとしみじみ想う。 それはすべて自由で、楽しくて、誰かが誰かにそれを教えることも、伝えることもできる素晴らしいこと。 89 ID:ZlOU5iQSd 金ロー 地上波初 2018 11. さあ、嫌なことは忘れて、今宵は思いっきりハッピーに楽しもうじゃないか! ネバダ州リノのカジノで歌うしがないクラブ・シンガー、デロリス・ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)。 そのデロリスの口を封じようと、ヴィンスは殺し屋を放った。 下手くそなのは目に見えていても、決してそれを馬鹿にしたり、下に見たりしないデロリスは、もうそれだけで立派なシスターに見えてくる。 【あらすじ】 ネバダ州リノのナイトクラブ「ムーンライトラウンジ」のクラブ歌手デロリスは、ネバダ一帯に縄張りを持つ大物マフィアのボス、ヴィンスの愛人。

Next