京成 本線 路線 図。 京成本線 駅・路線図から地図を検索|マピオン

(昭和7年) 押上 - 京成曳舟間に開業。 (昭和19年) 上野公園(現在の京成上野) - 京成成田間を本線、押上 - 青砥間を押上線とする。

12

(京成曳舟 - 八広間、1943年10月休止、1947年3月1日廃止) 脚注 [ ] []• に京成本線内の特急の停車駅が現在の快速特急のものになり、「特急」は上野方面直通、2代目「通勤特急」は押上線・都営浅草線方面直通で運行(通勤ラッシュ時のみ)されていた。 路線距離:56. 京成本線・経由成田空港駅• 通勤急行 [ ] 1957年3月17日に登場し、平日朝に運転された。

これにより京成上野駅 - 京成津田沼駅間では特急などとの停車駅の違いは京成小岩駅・東中山駅・船橋競馬場駅だけになり、ほぼ特急などと同等の所要時間となった。 成田空港駅発西馬込行き• 設定対象列車の最後尾車両には「女性専用車」案内シールが貼られる。

19

朝ラッシュ時は最ピーク1時間に23本の設定があり、京成本線 - 押上線 - 都営浅草線の速達列車が多く設定されるが、都営浅草線は前述の通り、エアポート快特以外は各駅停車で、ラッシュ時は待避設備のある駅がないため、エアポート快特は上りの1本のみとなっている。 快速(初代・2代) [ ] 初代快速は前半頃に京成上野駅 - 京成成田駅間で夕方への移行期に運行されていた。

14

出発駅と到着駅を入力後検索ボタンをタップすると、乗換案内結果が一覧で表示され、さらに詳細をタップすると出発駅から到着駅までの通過駅をチェックすることができます。 京成八幡• 「マリンパーク」として運転されるときは愛称板取り付けが困難な2000形および3代目600形を除き前面に丸いイルカの愛称板を取り付け運転された。

7

東中山 - 京成津田沼間を標準軌に改軌。 このため、久里浜線ローカル運用2本も京成車が代走している。

3

最高速度:120 運行形態 [ ] 原則的に10分サイクルのが組まれている。 京成本線内は速達列車が6分40秒間隔、押上線は10分間隔なので、3分20秒のずれがあります。 現行ダイヤでは以下の運行パターンがある。

8月21日 寛永寺坂駅休止。 また、(飛行機マーク)は都営線内での停車駅の差異を案内するためのものであるため、下り成田空港行きの列車に使用されることはなかった。