33 回 社会 福祉 士 国家 試験。 第33回 社会福祉士国家試験 科目別分析【専門】

その後は私が取得済みの関連資格等も紹介させていただき、精神保健福祉士・社会福祉士試験合格後に新しい資格を目指される方の参考になれるような記事も織り交ぜて行きます。 科目 出題数 午前 2時間15分 人体の構造と機能及び疾病 7問 心理学理論と心理的支援 7問 社会理論と社会システム 7問 現代社会と福祉 10問 地域福祉の理論と方法 10問 福祉行財政と福祉計画 7問 社会保障 7問 障害者に対する支援と障害者自立支援制度 7問 低所得者に対する支援と生活保護制度 7問 保健医療サービス 7問 権利擁護と成年後見制度 7問 午後 1時間45分 社会調査の基礎 7問 相談援助の基礎と専門職 7問 相談援助の理論と方法 21問 福祉サービスの組織と経営 7問 高齢者に対する支援と介護保険制度 10問 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度 7問 就労支援サービス 4問 更生保護制度 4問• 社会調査の基礎 現行の社会福祉士養成カリキュラムとなった22回試験以降では、試験開始から数年は、受験生一般の平均的な学習習熟度を超えた、難易度の高い内容が出題され続けたため、午後科目の最初であることから、毎年のごとく開始後出鼻をくじかれる受験生が多かった。 詳しくは「」の内容を確認してみてください。

12

また事例問題についても、問題95はソーシャルワークの考え方で正答の1と4を選ぶことができ、問題87は「閉じ籠りがち」と「十分な食事をとっていない」ということから、こちらも容易に正解の2と5を選ぶことができる。

7

通信講座• しかし、会場については精神保健福祉士が7箇所(2日間)、社会福祉士が24箇所(1日間)で実施されています。

11

最後に余談ではあるが、就労支援サービスについては、第37回からの新カリキュラムによる試験において、「高齢者福祉」「障害者福祉」「貧困に対する支援」に内包され、独立した試験科目ではなくなる。

10

合格点が3月15日まで分からない不安がつきまとってしまうと、日常生活や職場生活にも影響が及んできますので、少しでもリラックスできるような記事を心がけていきます。 受験を希望される方は、期間内に忘れず申し込むようにしましょう。 開講講座一覧• 2 勉強時間が足りない 働きながら勉強しなければならない人が受験者の半数なので、受験日までに合格レベルの勉強が出来ていないことが理由の一つです。

18

蓋を開けてみたら、「なんだ。 その為、広く学習しておく必要があります。

16

特に社会福祉法人については、問題124において財務管理の知識を問う出題と合わせての出題であり、近年の社会福祉法改正の内容も含めて、受験生のしっかりとした学習の成果を問う良問と言える。 関東・信越• 開講講座一覧• 関東・信越• 当時私は余裕合格という結果に終わらずに、ボーダーライン上に位置していた身ですので、多くのみなさんに共感できる部分があるのです。 試験中は水分も取れないのでいつものリラックスした勉強の環境とは違う事を理解してください。

17