ボンゴ 生産 終了。 マツダ「ボンゴ」生産終了 89年の商用車歴史に幕 今後はOEMで販売継続(くるまのニュース)

乗用グレードの事実上の後継モデルとなる。

15

前々からボンゴはいっになったらフルモデルチェンジするのですかとYahoo! 37件のビュー. 8 L のF8型であるが、電子制御(EGI)を追加してF8-E型に変わり、90 ps にパワーアップ、2. サイズ、運転のしやすさ、価格など、コンパクトキャブコンで注目すべきポイントは多岐にわたります。 現行型モデルは平成11年からで、ず~っと同じフロントフェイスです。 そこで新たにグランマックスを導入した。

このような歴史に支えられたマツダが、100周年の今年、商用車の世界から静かに去っていく。 ボンゴの現行モデルがデビューしたのは、なんと20年も前の1999年。

7

8月 尾道工場でトラックの委託生産を開始。 【横風に弱い】 キャンピングカーはだいたい横風に弱いですが 軽さとの短さが災いしてか、更に弱いです。

5

当時経営の行き詰まっていたマツダの救世主となり、1978年(昭和53年)から1980年(昭和55年)まで、国内マツダの最量販車であった(1980年以降はが取って代わる)。 駆動方式はから、荷役性、積載性の良いへ変更された。

「ワンボックスの代名詞ともいわれ、長年ご愛顧いただいたボンゴシリーズですが、商用車においても環境性能や安全性能の基準が強化されるなかで、自社生産ではなく、トヨタグループであるダイハツからOEM供給を受けることになりました。 令和という新しい時代とはいえ、また、昭和生まれの名物車が消えてゆくのは淋しい限りだ。

9