新年 あいさつ メール。 新年に送るビジネス挨拶文まとめ

)など。 年始の挨拶を目的としたアポイントを取る時は、『新年の挨拶のみで、すぐに失礼いたします。

16

メールにて失礼とは存じますが本年もよろしくお願いします。 相手に負担をかけないためにも、必ず件名を入れるのがマナーです。

11

一月一日以降に送るメールには使えませんので注意しましょう。 ・社外の相手なら略礼、略儀を詫びる 大切な相手であれば本来は直接会って挨拶をしたいものですが、会えない時に出すのが挨拶状です。 地域により異なるため年始の挨拶がいつまでかは明確に決められていないのです。

13

(例:年賀状をありがとうございました。 また、仲の良い友達なら、形式にとらわれず書いても問題ありません。 ・全体は短めの文章で 新年の挨拶と用件を簡潔に伝え、全体の長さは長くならないよう手短かにします。

18

送る先が多いと、なかなか作業が進まず大変かもしれませんが、仕事始めの日までには必ず送るようにしましょう。 com …………………………………… 上司の方には、出来れば1月1日にご挨拶できるようにするのがおすすめです。

5

(例:忘年会ではお世話になり、ありがとうございました) ・本年もよろしくお願いしますの挨拶の言葉。 そういう思いをさせては、今後のビジネスに影響を与えかねません。

1

来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

8

旧年中はひとかたならぬご愛顧(ご高配)を賜り、厚くお礼申し上げます。 お礼はなるべく具体的に書くと好印象です。 気持ちよく仕事をスタートさせるためにも、新年の挨拶を述べましょう。

特に、新年の挨拶というのは「遅くなりすぎる=失礼」となりますので、「取り急ぎ」として新年の挨拶メールを簡単でもいいので先に送るほうがおすすめです。 日頃の感謝を忘れずに入れるとともに、今後とも変わらぬご指導をお願いする文面です。