フォレスター スポーツ。 これぞ本命!? スバル「フォレスター」にターボ復活! 最上級「スポーツ」追加の狙いとは(くるまのニュース)

スタイリングこそキープコンセプトだが、プラットフォームを最新の「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」に一新、いわゆるマイルドハイブリッドの「e-BOXER」搭載モデルも投入し、パワーユニットは2リッター+モーターと2. 常時全輪駆動(AWD)などのポイントは変化ありませんが、燃費は変更になっています。 マフラーエンドはシリーズ唯一の左右2本出し。 システムは、2リッター水平対向直噴エンジンに、小型の高性能モーターとバッテリーを組み合わせ、バランス良く配置。

4

最大出力 177ps• 8リッターターボエンジン。 アルミパッド付スポーツペダル 左脚置きまでアルミペダルが装備されている質感はメルセデスを超えているかもw ダイレクト性を重視 ステアリングホイール• アドバンス:315万7000円• エクステリア ・フロントグリル(ブラック塗装+ブラック塗装加飾) ・フロントフォグランプカバー(グレーメタリック塗装+グレーメタリック加飾) ・電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付、グレーメタリック塗装) ・SPORT用18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装) ・フロントバンパーガード(アクセントシルバー塗装加飾付) ・サイドクラッディング(アクセントシルバー塗装加飾付) ・リアバンパーガード(シルバー塗装、ディフューザータイプ) ・デュアルマフラー(SPORT用カッター付) ・ルーフスポイラー(LEDハイマウントストップランプ内蔵、グレーメタリック塗装) ・ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ、グレーメタリック塗装). スバルは2代目「XV」で同社初のハイブリッド仕様を販売していましたが、2018年発売の5代目フォレスターに搭載するハイブリッド仕様から、システム名を「e-BOXER」に決定。 注目は新型レヴォーグに搭載された新しい1. フォレスター スポーツに搭載されるエンジンは、1. 同じパワートレーンを搭載しているせいもあるが、操安性や走りの味付けの根幹の部分を共用し、それぞれがスポーツワゴンとして、SUVとして進化した感じなのだ。

4

エクステリアはフロントグリル、リアゲート回り、18㌅アルミをダークカラーでコーディネート。

8

リアの専用装備は、• この度スポーツモデルが登場! フォレスターに新たに加わったモデルは「SPORT(スポーツ)」です。 シートポジション• 前章でも紹介した1. カーゴルームは509Lあり(スポーツは520L)、床下収納も可能です。

9

またまたSUBARU(以下スバル)です。

2

操作等でご不明な点がありましたら、気軽に相談して下さいね。

11

画像の様な車両状態の表示から安全支装備までモード切り替えも豊富です。 センターコントレイ加飾 アルミ調&ウルトラスエード表皮巻き• たっぷりの荷物を積み込めるので、遠出やアウトドアでも活躍するでしょう。

なぜ現行モデルの登場から2年が経過してから、フォレスターのターボ車が復活したのでしょうか。 嗜好的な意味でのスポーツ性を求めるならレヴォーグのハンドリングは好ましいが、フォレスターの着座位置でキレを求めれば忙しい横Gの変化で乗員の負担が増大してしまう。 直線道路に差しかったので、SI-DRIVEモードでアクセルを踏み込んでみました。

8