核 の ゴミ と は。 核ごみ処分場、突然応募を表明した寿都町 その訳とは?:朝日新聞デジタル

約820人の人口が今後も減る中、応募による新たな交付金に期待する。 以来、60年近くたっても処分地は未決定です。

6

反対派は住民投票条例の制定を求める署名を集め、今後、議会でも条例案の審議が行われる見込みで、波乱含みだ。

8

選定プロセスは、第一段階の「文献調査」(2年間)で最大20億円、第二段階の「概要調査」(4年間)で最大70億円の交付金が国から出る。

現在、ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長、ビジネス・ブレークスルー大学学長などを務める。 原発マネーに頼らなくても住み続けられる財源を国が交付すべきであり、町長は応募検討を撤回すべきです。

7

そうした中で、今回、ようやく寿都町と神恵内村が最終処分場の候補地として手を挙げたのである。 寿都町と神恵内村は、ともに漁業しか目立った産業がなく、人口減少が続いているので、最終処分場が立地すれば雇用も生まれて地域の活性化につながると期待しているという。 核のゴミは持ち込ませないという道民の声を広げるとともに、この条例をより厳しく改正する必要があります。

12

そこを最終処分場とするなら、比較的コンセンサスが得やすいのではないか。 そうすれば高知県の東洋町みたいにつぶれない」と解説します。

16

したがって、使用済み核燃料は現在、各原発の原子炉建屋内にある燃料プールで冷却し、引き続き燃料棒のまま貯蔵されている。 寿都町は早くから風力発電に取り組み漁業を振興してきました。 会見を聞いた原子力業界団体の元幹部は、「政府の思惑は、いくつかの候補地に手をあげてもらって、競争させることだ。

7

高レベル放射性廃棄物の最終処分場は、いったいどこが適切なのか、経営コンサルタントの大前研一氏が検証し、考察する。

無人島などに持っていくという手もあるが、そういう案も含め、国民的な議論を尽くさねばならないのだ。

5