ジャンニ スキッキ 私 の お父さん。 私のお父さん ジャンニ・スキッキ プッチーニ

プッチーニはこの三部作をローマで初演したいと考えていましたが、戦争中のため不可能となり、1918年12月14日、 ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で初演されました。 「ジャンニ・スキッキ」の地図 「ジャンニ・スキッキ」の舞台は、 フィレンツェです。 本来の意味は 「娘のラウレッタが「お父さん、もしリヌッチョと結婚できないなら、私、ポンテ・ヴェッキオからアルノ川に身投げしてしまうから」と脅す」 という歌らしいです。

1

関連項目 [ ]• そこで、ラウレッタの父であるジャンニ・スキッキが娘からの強い要望もあり、一芝居打つことになります。

13

それが作曲家プッチーニと台本作家ファルツァーノの手によってこんな楽しいオペラに生まれ変わりました。 また、ジャンニ・スキッキが随所に「さらばフィレンツェ」と歌うことによって、一族を脅したりすかしたりするところなどは、見事な作曲法です。 カーテンの掛けられたベッドの中ではたった今、彼が息を引き取ったところ。

ブオーゾの残した遺言状に、莫大な遺産すべてを修道院に寄付するという内容が書かれていることが発覚すると、ラウレッタとの結婚のために持参金が必要だったリヌッチョ、それに強欲な親族たちは大混乱。

6

【解説】プッチーニ:わたしのお父さん この曲は、 歌劇「ジャンニ・スキッキ」のなかの一曲で、この歌劇の中でも、もっとも有名な歌です。 」と語りかけ、オペラが終わります。

1

帽子を脱いで舞台の前に進み出たスキッキは聴衆に向かって、「皆様方、私の無法なたくらみも、ダンテの御認可を得て、 もしこの芝居がお気に召しましたなら、どうか私をお許しくださいますよう」 と挨拶し、幕がおりる。 「少女ラウレッタが、自分の父親のに、恋人への想いをせつせつと歌う」というものです。

17

【3ヶ月間無料キャンペーン!】 「Amazonミュージックアンリミテッド」のご紹介 クラシック音楽の世界はとても広がりのある世界です。

6

での初演は1954年4月29日、におけるの日本語訳詞・ピアノ伴奏による公演。 お父さん、わかって、お願いだから。