チェチェン 戦争。 チェチェン紛争

資源面から見ると、チェチェンで原油を産するほか、カスピ海のバクー油田からのパイプラインが領内を抜けているため、ロシア側としてはチェチェンを自国のコントロール下に置きたい。 旧ソ連時代には石油を年間400万tほど産出し、交通、運輸、地政学上の要衝の地にある。

7

翌年6月、将軍らの全チェチェン協議会はクーデターにより共産党政権を打倒し政権を奪取。 チェチェン問題は、現在ロシアでも、一部の人を除き、「なんとか解決しなければならない問題」と認識しています。

参考になった英文記事• 1月上旬、チェチェンの南にあるグルジア共和国の当局は、首都トビリシの郊外にあるロシア軍の基地から、チェチェンの南隣にある南オセチア自治州に向かおうとする民間のトラックを検問し、機関銃の弾5万発や、迫撃砲などの武器を押収した。

3

経過 [編集 ] ロシアの派遣する地上部隊のほとんどは徴兵されてまもない新兵ばかりであった。

1

化したチェチェン独立派勢力は等の国外の勢力と結びついてテロリズムに走っているといわれており、紛争はさらなる泥沼化に進んだ。

1991年8月20日にゴルバチョフはを調印する予定であったが、その前日副大統領ら保守派によるにより拘束される。 当時のチェチェンで石油売買のパイプやノウハウを持っていたのは、ソ連の裏世界で活躍していたマフィアであったわけです。

15

99年今度はチェチェン人が隣国のタゲスタンに侵入したことをきっかけに、ロシア軍が再び侵攻。 首都同時襲撃事件 2006年• これが災いして、1944年2月、独ソ戦争のさなかにチェチェン人、イングーシ人がほとんど一夜にしてカザフスタンへ移住させられた。 だが、ロシア人からまきあげたカネの一部は民族のために使わなばならない。

18