エースバーン 環境破壊。 【剣盾S7最終148位(R2015)】怨嗟😱襷ドヒドサイクル

s7使用構築/こだわりサイクル/最終281位

相手より先に動けば「ノーマル」タイプに変わるので「ゴースト」タイプの技を空かすことができる。 5 切り捨て 98 参考程度ですが、 この数値 98 は、無補正無振りハトーボー 97 と同じくらいの攻撃力です。 パワーシェアや叩き落とすで相手の攻撃力を下げると、カモにされるのを嫌って交代することが多いと思います。 ねばねばネットですが、もちろん選択肢に入ってきますね。 ウオノラゴンがいない構築にはだいたい初手に投げてた気がします。 特に 「ダイジェット」の素早さを上げる効果が強力で、「ギャラドス」や「アーマーガア」といった「ダイジェット」を効果的に使えるポケモンの評価が高いです。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。

Next

エースバーン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

半減でも強引に削れるので、積極的に動かして相手を序盤から崩す動きが強かった。 つまり1に勝つためには「クッションの役割破壊が要で、相手視点の役割対象をずらす」を意識することが大切。 例えば僕の使っている巧み襷ゲンガーは崩しの役割を持たせているが、相手視点エース格のにも見えるためやをめちゃくちゃ投げられる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 これに加えて試験的に下記要素をパッチラゴンに盛り込んでみた。

Next

エースバーン

少し考えた結果それなりの数対策ポケモンは考えたが対策で考えたポケモン全てウォッシュロトムに不利か型次第で良くて互角くらいだった。 ナットがエースになったりもした。 耐久に努力値を振って「チイラのみ」「アッキのみ」「タラプのみ」「カムラのみ」などの能力上昇のきのみを持たせるのも良いだろう。 エースバーンはダイマックスすれば、「ダイジェット」で素早さ「ダイナックル」で攻撃「ダイスチル」で防御を上げることができるため、この「バトンタッチ」と非常に適性が高いと思われる。 3〜34. ちなみに弱点がコロコロ変わるのでじゃくてんほけんとの相性はよくない。

Next

エースバーン

7 24. 威力は20〜200 レコ. 相手が上記の技を使ってこなければ使う機会はないが面白い技なので採用してみてもいいだろう ノーマル「バトンタッチ」 自分の能力変化を後続ポケモンに引き継ぐ、今作はダイマックス技で能力を上げられるため、ダイマックスが終わった後にすぐ「バトンタッチ」をすれば消耗していない後続がエースバーンの能力上昇を引き継いで暴れることができる。 こう考えるとフェアリータイプ以外にタイプを変えられたゲッコウガが強く感じる。 8〜27. 77 受けルなんてカモだわ. 全ての攻撃技が他のポケモンと比べて火力が高すぎるくらい高い。 エレキボール、シャドーボール、マッドショットなど特殊技も覚えますがどれも威力が高いわけでなないので、両刀の場合は夢特性のリベロかダイマックス前提の運用となりそうです。 スカーフを警戒した動きをとられることが多く刺さりもよかった。

Next

【剣盾シーズン7終盤最高7位、最終134位】新生サーナイト構築

結局普通が一番強い。 2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 またパッチラゴンミラーに全て敗北するSラインだったので極振りにするか、 最速バンギラスを意識せずSラインを落としじならし前提の調整にするのもあり。 カバが憎すぎたのでを入れることを何度も考えたが切る技がなかった。 ユウキです。 タイプ一致の1. したがって、相手視点からのこのジャンケンを崩壊させられればこちらの勝ちはうんと近づく。

Next

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【ソードシールド】

音系の技。 ドレパンが通らない相手に対して1ターンで高い火力を出すことができないのでじゃれつくが欲しい場面もあり、この技構成は悩みどころ。 ゴリランダーと違いフィールドで相手の回復もさせず、カバやダルマのも阻害することがなかったためこの構築にマッチしていると感じた。 特に吹き飛ばしを切ってるが多かったのでその前で身代わりを張ることでイーウィンを量産した。 基本性能 ダイマックスしてダイアジットで特攻を上げながら攻撃してダイマックスが解除されたタイミングでこだわりスカーフにより無双する構成。 特に生半可な火力では突破することのできない耐久力を持つポリゴン2や専用技やキョダイマックス技が強力なウーラオスの対策が必要となってきます。 ヤッタネ 来シーズンは全く違う環境になるため今シーズンの構築記事にはあまり需要がないかもしれませんが自己満足のために書きます。

Next