内閣 官房 コロナ 支援 策。 新型コロナウイルス(COVID

2020年5月から2020年12月までの間で、新型コロナウイルス感染症の影響により、次のいずれかにあてはまること ・いずれか1か月の売上が前年の同じ月と比較して50パーセント以上減っている ・連続する3か月の売上の合計が前年の同じ期間の売上の合計と比較して30パーセント以上減っている 4. 様々な制度の申請で事業主の方も大変だと思いますが、新型コロナウイルス感染症が収束したあと、従業員とともに、スムーズに事業を再開することができると思います。

20

給付金の相談、申請は、自治体ごとに設けている自立相談支援機関です。

一時支援金 令和3年の緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により影響を受け、売上が減少した中堅・中小事業者に対して、一時支援金を給付します。 動物を飼っている皆様へ 海外では、ペットの犬猫等が新型コロナウイルスに感染したとの報告がありますが、牛・豚のような家畜に感染したという報告はありません。

20

<相談期間> 令和2年7月22日(水曜日)~令和3年1月末まで 詳しくは、 「飲食店アドバイザー派遣業務」ホームページをご覧ください。 資金繰りの厳しい事業者必見です。

8

自治体の要請を受けて時短営業を行う飲食店向け支援策(内閣官房のサイトから引用) 19-2. 漁業者の皆様へ 新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関する基本的なガイドラインを作成しました 漁業者(従業員・乗組員を含む)に新型コロナウイルス感染症の患者が発生したときに、業務継続を図る際に基本的なポイントをまとめました。 3ヶ月分、約70日分になります。 農業者の皆様への支援情報について 農業者の方々が支援の内容を探しやすいウェブサイト設けています。

食品産業事業者(食品製造業、卸売業・卸売市場・小売業(スーパー・コンビニ等))の皆様におかれましては、業務の継続・買い増しを想定した発注数の増加等による安定供給の確保・関係団体との連絡体制の構築を行い、引き続き円滑な食品その他生活必需品の供給を行っていただきますよう、ご対応をお願いいたします。

3

詳しくは、をご覧ください。 申請期限は2021年3月31日です。

新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援策(令和2年10月10日時点) 件名 種別 概要 問い合わせ先 ホームページリンク 個別表 インフルエンザ予防接種費助成事業 助成 インフルエンザ予防接種にかかる費用の一部を助成します。

)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。