アウディ a5 スポーツ バック。 Audi A5 Sportback > アウディジャパン

運転時のフィーリングや車両上の問題は今のところありません。 燃費効率とパワーを併せ持つ2リッターTFSIエンジンを搭載。 あと室内が非常に静かです。

17

考えてみれば、 輸入車で単独試乗は初体験ですね。 リフトアップ• というわけで、単独でのA5スポーツバック試乗となりました。 また、歩行者検知機能付きの自動ブレーキである「アウディ プレセンスシティ」が標準装備されています。

3

0 TFSI クワトロ スポーツ 4WD ROWENエアロ20AW車高調マフラー 愛知県• 衝突被害軽減ブレーキ• おそらく日本一の公開数です。 キチンとメンテナンスしていれば壊れる車でありませんのでご安心ください。 7kgmを発生する2L 直列4気筒DOHCターボエンジン(直噴)を搭載し、最新のトランスミッション「7速Sトロニック」が組み合わされる。

0TFSIクワトロ Sラインコンペティションプラス」(限定110台)を設定。 運転席エアバッグ• 当社では、多くの県外のお客様へのご納車実績がございますので、商談/ご契約/ご納車までスムーズな対応をさせて頂きます。 インテリアにはS lineロゴ入りファインナッパレザースポーツシート(フロント)、ドアアームレストレザー、デコラティブパネルマットブラッシュトアルミニウム、ヘッドライニングブラックを、足回りにはS lineスポーツサスペンションを装備。

16

インテリア回りは自然素材の採用による高い質感を継続したほか、各種スイッチ類のデザインを変更して操作性を高めるなどの改良が行われた。 デザイン、機能性、プレステージ性、スポーティさなどを兼ね備えたモデルとしての登場だった。 長方形に近かったヘッドライト形状は下部が波形に整形され、より鋭い目付きになり、合わせてバンパーとシングルフレームグリルの形状を変更。

7

0TFSIクワトロSライン 走行距離3万km台では総合計価格300万円台後半でプレミアム納車可能です。 どうしても輸入車には 俊敏な反応を期待してしまうのですが、これも 穏やかなセッティングが好まれる 時代の要求でしょうか? 公道に出てはやばやと ダイナミックモードを選択。 2ドアフル4シータークーペ「A5」をベースにした、スタイリッシュ4ドアクーペと銘打った5ドアセダンモデルの2世代目となった「A5 スポーツバック(SPORTBACK)」。

4