ホンダ n one。 【新型N

「Premium」系の2トーンカラーではシルバーと組み合わせられていた• 車種・仕様・グレード別エンジンスペックページ エンジン型式 販売時期 車両型式 S07A 2019. 2011年に開催された第42回に、『N CONCEPT 4』として出展された モデルの市販モデルである。 【インテリア】 ちょっと、収納スペースが少ない感じですね。 インテリアの樹脂素材や色づかいの質感も高く、ゆっくり流していると上質感に加え重厚感すら漂う。

1

さらに、EPSやCVTのSレンジを専用セッティングに変更した。 ボディカラーも入れ替えが行われ、「Premium」・「Premium Tourer」専用色の「プレミアムディープモカ・パール(有料色)」を廃止する替わりに、新色の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック(「Premium」・「Premium Tourer」専用色)」、「ブリティッシュグリーン・パール(「Premium」・「Premium Tourer」専用色)」、「プレミアムピンク・パール(「G」系・「Tourer」専用、有料色)」を追加したほか、白系の「プレミアムホワイト・パール」を「プレミアムホワイト・パールII」に差し替え、従来からの「G」系・「Tourer」に加え、「Premium」・「Premium Tourer」でも設定できるようになった。 さらに、前輪駆動の2WD車は後輪側にも装備されている。

1

152が旧価格で172が新でしたのでお詫び申し上げます。 N-ONE RSグレードの価格は、CVT・6MT搭載モデルともに199万9800円となっている。

(11月2日発売) グレード体系はスタンダード仕様の「G」と上級仕様の「Premium」の2本立てで、それぞれにNA車の標準タイプ、スーパーUVカット・フロンドドアガラスやサイドカーテンエアバッグシステムを追加装備した「Lパッケージ」、フロントベンチレーテッドディスクブレーキを装備したターボ車「Tourer」、NA車「Lパッケージ」の追加装備内容に加え、とパドルシフト(7スピードモード)を追加した「Tourer・Lパッケージ」の全8タイプが設定された。 あくまでオマージュなので結構違うよ、とは思う。

14

誤発進抑制機能• 内装にはタンレザーをイメージしたタンカラーコンビシートを採用した。 エンジンは、NA(自然吸気)とターボの2種類がラインアップされている。 トランスミッションはCVTに加え、6を設定。

14

車高を低く抑え、スタイリッシュで愛らしいデザインを売りにしていたが、Nシリーズの実質的な看板モデルであるスーパーハイトワゴン「N-BOX(ボックス)」の躍進の陰で埋没。

2

N-ONEの2,000台は、それらに比べればかなり控えめな数値になる。

このあたりは、スズキやダイハツ工業に勝る現行N-BOXの美点をうまく引き継いでいる。 さらに、新タイプとして、プロントマスクとルーフをこげ茶色とし、ドア裾のクロームメッキ加飾、が施された外観とブラウン内装を採用した「Select」系2タイプ(「Select」・「Select Tourer」)とスポーティーモデルの「RS」が追加されて全10タイプとなった。

9

新型N-ONEも二代目N-BOXで初めて投入された「新世代プラットフォーム」が採用されます。