洒čŊãĢãĒらãĒã„æ€–ã„čŠą æŽŋ堂。 【洒čŊ怖æŽŋ堂å…Ĩり】ãƒĒã‚ĸãƒĢã€č€ƒå¯Ÿã€‘

でもそれよりも怖いぎが、エãƒŦベãƒŧã‚ŋãƒŧãĢäēēが䚗ãŖãĻいたんです。

2

į‰§é‡ŽäŋŽãŽãƒ•ã‚Ąãƒŗトムãƒģã‚ąãƒŧブãƒĢが元ネã‚ŋãŖãŊい。 だがčĢ¸ã€…ぎæē–備を済ぞせたįŸĸ先、åŊŧらぎ中ãĢ不振ãĒčĄŒå‹•ã‚’ã¨ã‚‹č€…ãŒįžã‚Œâ€Ļ。 もう一つäŋēぎįĩŒé¨“ã‹ã‚‰č¨€ã‚ã›ãĻもらうと、一åēĻやäēŒåēĻぎおįĨ“いをすればäŊ•ã¨ã‹ãĒるãŖãĻäē‹ã¯ãžãšį„Ąã„。

7

「ãĒんでæŽēしたぎīŧŸ おうしãĻæŽēしたぎīŧŸ おうしãĻæ­ģんだぎīŧŸã€ãĢ変わãŖた。

16

少しį´°ã‹ãĒčĒŦ明をする。 扉を開けたįžŦ間ãĢäģŠæœå—…いだæ‚Ēč‡­ãŒéŧģをįĒã„た。 「æĨるわけねぇよãĒ」ãĒんãĻ呟きãĒãŒã‚‰ã€ãŠčžžå„€ãŽãžãžåŗ向いた時だãŖた。

9

そういえばそいつ、éŖ›ã‚“でいくときãĢ手でčģŊくäŧšé‡ˆã‚’しãĻいた気がする。 「â€Ļã˛ãƒãƒīŧã€ 最初は、įŠļæŗãŒã‚ˆãæŽ´ã‚ãžã›ã‚“でしたがエãƒŦベãƒŧã‚ŋãƒŧ内ぎåŖä¸€éĸãĢ、 ã‚ģミぎ抜けæŽģがãŗãŖしりとくãŖついãĻいたんです。 č‡¨å ´æ„ŸãŽã‚ã‚‹æ–‡įĢ ãĒぎで、非常階æŽĩを降りãĻいる光景がありありとį›ŽãĢæĩŽã‹ãŗぞした。

16

äŋē「įĩåą€čĄŒã‹ã­ãƒŧぎかよ。 č‰¯ã‹ãŖた。 īŧĄã€Œéĩとか閉ぞãŖãĻãĒいぎīŧŸã€ というīŧĄãŽåŋƒé…ã‚’よそãĢ、äŋēがドã‚ĸノブを回すと、すんãĒり開いた。

10

å…¨ãčĄŒå‹•ãŒčĒ­ã‚ãšã€ãŠã†ã„う存在ãĒぎかも分からãĒいį›¸æ‰‹ãĢ、åŊŧは震え上がるぎだãŖた。

7

10åš´ã‚‚å‰ãŽčŠąãĒんだけお、そぎ場所はäģŠã§ã‚‚あるãŋたい。 įŽ„é–ĸをå‡ēãĻåŖäŧã„ãĢ進ãŋč§’ã‚’æ›˛ãŒã‚‹ã¨ã€ãã“ãŽåŖãĢドã‚ĸがある。 32äŊ æ°—æŒãĄæ‚ĒいįĩŒé¨“ã—ãŸčŠąã—ã—ãĻいいīŧŸã€Žå¤ĸãĢå‡ēãĻくるåĨŗ』【čŋŊ加】 ã€é•ˇįˇ¨ã€‘ 【Cナãƒŗク】 AナãƒŗクやBナãƒŗクį¨‹ã§ã¯ãĒã„ã§ã™ãŒã€ãã“ãã“æ€–ã„čŠąã§ã™ã€‚

6