エコノミスト 2020。 【予言】 エコノミスト 2020の表紙が怖すぎる! #1|Team YUAN|note

「 21という数字は、幸運、リスク、チャンスを掴むこと、そしてサイコロを振ることに関係しています。 画像は「 」より 今年もイギリスの政治経済誌『 エコノミスト( The Economist)』が、翌年の世界情勢について論じた『 世界はこうなる』シリーズの2021年版を刊行した。

5

イエレン氏は、ジェームズ・トービン学派のケインズ経済理論支持者であり、財政刺激策としての支出と低金利の信奉者である。 王者『タイム』も部数を維持できず、2018年には刷り部数を300万部から一気に200万部に減らすというおおなたをふるっている。

3

だからあまり気にせず、日々を楽しく過ごすことを考えます! お読み頂きありがとうございました!. ここで前回の大統領選挙があった2016年のエコノミストの表紙を見てみましょう。 週刊エコノミスト7月21日号の巻頭特集「」よりダイジェストでお届けする。

6

. 特別定額給付金は予算が約13兆円と、20年度当初予算(102兆円)の1割を超える。

15

【アメリカ大統領選挙】 民主党の候補としてウォーレンの名前があがっていますね。 TRUMP=トランプ大統領 BREXIT=イギリスのEU離脱 AI=人工知能 TOKYO=東京(オリンピック) MARS=火星探査機「マーズ2020」 CLIMATE=気候変動 XI=習近平 RECESSION=アメリカの景気後退の予想 MODI=インドのモディ首相 EXPO=2020年ドバイ国際博覧会 SDGS=持続可能な開発目標 BOND=007の映画「ノー・タイム・トゥ・ダイ」が2020年に公開 BETHOVEN=ベートーヴェン生誕250周年 VISIONS=失明予防キャンペーン「VISION 2020」 BIODIVERSITY=2020年「国連生物多様性会議」 RAT=ねずみ年 NPT=2020年 核兵器不拡散条約 WARREN=2020年大統領候補・ウォーレン氏 RAPHAEL=ラファエロ没後500周年 NIGHTINGALE=ナイチンゲール生誕200周年 RUSSIA=ロシア 気になるのは、 VISIONだけが赤くなっている点でしょうか。 毎年、ブラックな暗示を秘めた表紙で話題になる、英経済誌「エコノミスト 世界はこうなる」が 2019年12月5日に発刊されました。

6

たとえば、2017年8月12日・18日号のカバーストーリーは、「内燃機関の死」(The death of the internal combustion engine)だった。 もし、追放が決定すれば、ロシアは2020年の東京オリンピックに出場できなくなる。

9

投資家としては、 SDGs関連銘柄に要注目です! でも、高値掴みには注意ですよ〜。 凄まじかった トランプ氏の追い込み 米大統領選挙は空前の高投票率となり、全米で実に1億5000万人以上が参加した。

11