算数 時計。 1年算数「とけい」指導アイデア|みんなの教育技術

注意!! 家庭内での個人利用以外はを一読して下さい。

20

なので、ゆっくり確実にイメージを積み上げ、練習してみるのがオススメです。 大昔にはそれこそデジタルの時計はありませんでした。

4

10時、3時のおやつの時間。 こういう場合は頭にまだアナログ時計が入っていないんですよね。 子どもが間違えてしまった場合には、「子どもが何を分かっていなかったか」チェックしてみてくださいね。

小学1年生の夏休み直後から習う小学校もあれば小学2年生になってから 習う小学校もあるようです。

4

例えば、「2分の1時間=0.5時間=50分」と答えてしまう子がいたりします。

7

なので、「7時15分」の1時間分を60分に変えて分へ移動し「6時75分」と変換できるかどうかが鍵になります。

12

【子供の感想例】 時計の読み方が、わかりました。

17

(8)午前5時51分から午後2時28分までは何時間何分ですか? 「午後」とついているので「24時間制にする必要があるな」と気づいて欲しい問題です。 別のブラウザーから表示してください。 すべてがアナログ時計。

6

未就学児でも時計は読めるようになる 時計に関しては小学2年生で初めて習いますが、 60までの数字が読めて、1~60まで数えられれば、 未就学児でも十分読めるようになります。 「時計が正確に読めるか」「時刻と時間の違いが分かるか」「1時間=60分を理解しているか」 どの問題も上記3つの事を聞いてきています。 でも、どこかで分からなくて間違えた場合は、解説を読んで、お子さんに類題を出してみてください。

17