スティービー ワンダー。 スティービー・ワンダーやっぱり目が見えていた!NBAレジェンドが米トーク番組で証言

(40代男性) 素直な気持ちを表現している歌詞で、ラブソングなのに曲調もしっとりし過ぎていない。

都市伝説がささやかれていることを知っているスティービーは2017年に視力について「本当のことを話す」と語っていたが、まだ話していない。 解説 [ ] 演奏はスティーヴィー、スコット・エドワーズ()、ダニエル・ベン・ゼブロン()の3人による。

いいラブソングだと思います。

Smith, Giles 1995年3月5日. その後モータウンと契約する事になります。 また、特に70年代において、新しい楽器の導入にも貪欲さを示しており、上記の様にそのころに徐々に一般化し始めたモーグ・シンセサイザーやクラヴィネットなどをいち早く導入した代表的な人物であると共に、も同様にいち早く取り入れて大々的に使用している。 「俺とスティービー・ワンダーはウィルシャー・ブルバード(米カリフォルニア州)の同じマンションに住んでいる。

9

心がウキウキします。 また、同じころにスティーヴィーは自分とレーベルの他の仲間への楽曲提供のために、モータウンの作詞部門・作曲部門との契約を新たに結んだ。 それでは、本日はこの辺で。

8

=================== あるアメリカの小学校で小さな出来事が起こりました。

(50代男性) Stevie Wonder(スティービー・ワンダー) 「the crown」(1票) Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)「the crown」がおすすめの理由 メインのラップはGary Byrdですが中盤からスティ-ビ-・ワンダ-が思いっきりファンキ-に歌います。 (40代男性) イントロの印象的なピアノとカオスな雰囲気、静かに一番二番を歌ったあとアーアアーアアーアーアーアーの下降の後、三番の力強さの対比。

2

「」、「What's That You're Doing? 自分も好きな人に素直な気持ちを伝えたくなる曲。 以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、ほとんどの楽器を自分で演奏してアルバムを作るスタイルを確立してゆく。

14

(50代男性) イントロが印象的な曲ですが、これが流行った当時、ホール・アンド・オーツの「マンイーター」と似ていて、よくイントロクイズで引っかかる定番の出題でした。

5