コロナ 人類 選別。 コロナ禍で迫られる「命の選別」ドイツ医学界の提言「厳密ルール」の中身

SARS発生の際、中国政府と早期診断検査法を開発した米国のコロンビア大感染症免疫所のリプキン所長は「このような野生動物の売買を厳しく取り締まり、市場を閉鎖できれば、今回のような大流行は起こらないだろう」と話す。 そこまで状況は逼迫しているのだ。

17

AIの支配 AIの記事でも紹介したが、今のAIの技術は大した事はない。

19

死体のほとんどが、生殖器と胆嚢が無残にも切除されていた。 この機会に一人一人が自分にはなにができるのか、何のために自分は戦えるのかを明確にしておく必要がありそうです。 また外れるんじゃない?」 と思った人もいるかも知れません。

9

しかし、実際には、未来には私たち人類が必要なのだ。

17

それは認められるべきだと思います。 医療上の決定、法律、教育、ニュースなどは選別され、人工知能によって推奨されるものが決定される。 日本人はオンラインゲームとか 匿名掲示板のように、 どこかバーチャルな感覚を 持っているからか、 『社会的責任』という感覚が 欠如した人が多いと感じます。

17

世界のエリートたちは、このような世界が作られることを望んでいる。 1972年、WHOの極秘文書がジャーナリストによって暴露された。 中国にウイルス株の提供を依頼したが返答なし 国内での話としては、日本国政府が中国に新型コロナのウイルス株の提供を依頼したが、返答がなかったとされています。

3

それが情報社会になった今、明るみに出てきており、大量逮捕が起こっているのではないかといわれている。 10時間をゲームに費やすだけならまだいいが、ズルをしようとすると実際に マイナス評価が下される。

アウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所では、次のような光景が見られた。 「われわれには宗教はありません。 上でも紹介した 【コロナの患者数・死亡者数は水増しされている】 の背景を読み解くと、 今の世界中を巻き込んだ 外出規制や自粛要請による 経済活動の強制的なリセットは、 必要以上のものである 可能性が高くて、 だとするとそれによって 引き起こされる不況の 煽りを受けるのは かなり理不尽な話でもありますが、 基本、人生ってのは、 理不尽に感じることが起こること を前提に生きるものなので、 他人の思惑がどうであっても、 環境や状況の変化に 柔軟に適応できるような 生き方にシフトすることが、 結局一番安心・安全だよね、 という話になります。

5