æ­¯čŒŽ č…Ģれ ãĻ į—›ã„。 æ­¯č‚‰īŧˆæ­¯čŒŽīŧ‰ãŒį—›ã„

ä¸€æ–šã§ã€æ­¯čŒŽãŒä¸åĨåēˇãĢãĒãŖãĻくると、č…ĢれãĻčĩ¤ãŋがかãŖたりéģ’ずんだりしãĻきぞす。 歯周į—…が重åēĻ歯周į‚ŽãĢãžã§é€˛čĄŒã™ã‚‹ã¨ã€æ­¯ã‚’æŽ‹ã™ãŽãŒé›ŖしくãĒãŖãĻしぞうこともありぞす。

æ“ĻéŽå‚ˇãĢãĒると、å‡ēčĄ€ã‚’äŧ´ã†ã ã‘でãĒãã€æ­¯čŒŽãŒį—Šã›ãĻ下がるīŧˆåžŒé€€ã™ã‚‹īŧ‰åŽŸå› ãĢもãĒりぞす。 ãƒģ æ­¯čŒŽãŒį‚Žį—‡ã‚’čĩˇã“しãĻčĩ¤ãč…Ģã‚Œã‚‹ã€ãƒ–ãƒŠãƒƒã‚ˇãƒŗグぎときãĢå‡ēčĄ€ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ ãƒģ æ­¯čŒŽãŽč…Ģã‚ŒãŒã˛ãŠããĒã‚‹ã€å†ˇãŸã„ã‚‚ãŽãŒã—ãŋã‚‹ã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã€ãƒ–ãƒŠãƒƒã‚ˇãƒŗグぎときãĢå‡ēčĄ€ã™ã‚‹ ãƒģ æ­¯čŒŽãŽč…ĢれがさらãĢã˛ãŠããĒる、å‡ēčĄ€ãŒã˛ãŠããĒã‚‹ã€æ­¯čŒŽã‹ã‚‰č†ŋがå‡ēる、歯がグナつくようãĢãĒる ãƒģ č…Ģれãƒģå‡ē血ãƒģč†ŋãƒģ歯ぎグナつきãƒģåŖč‡­ãŒã˛ãŠããĒる、歯ぎ隙間がį›ŽįĢ‹ã¤ã‚ˆã†ãĢãĒる ぞた、栚尖į—…åˇŖãŒåŽŸå› ã§æ­¯čŒŽã‹ã‚‰č†ŋがå‡ēることもありぞすが、こぎ場合も攞įŊŽã—ãĻおくとį—‡įŠļãŒé€˛čĄŒã—ãĻ、歯を掋すぎがé›ŖしくãĒãŖãĻしぞいぞす。

6

こぎæŽĩ階では、歯栚ぎ先ãĢč†ŋがたぞãŖただけぎįŠļ態です。

16

é–ĸé€Ŗ記äē‹īŧš æ­¯čŒŽãŒã‚€ãšãŒã‚†ã„ãŽã¯ãĒぜīŧŸ ã€Œæ­¯čŒŽãŒã‚€ãšãŒã‚†ã„ã€ã¨ã†įĩŒé¨“をしたことがあるäēēは多いと思いぞすが、むずがゆいだけで歯į§‘åŒģé™ĸãĢčĄŒãäēēはãģとんおいぞせん。 。 į§ãŸãĄã¯ã€č‡Ēåˆ†ãŽæ­¯čŒŽã¯ã‚ãžã‚Šæ°—ãĢしãĻいぞせんが、äģ–äēēãŽæ­¯čŒŽã¯æ„å¤–ã¨ã—ãŖかりčĻ‹ãĻいるもぎです。

8

æēœãŖãĻしぞãŖたč†ŋは切開できる様ãĒら外ãĢå‡ēしãĻã€æŠ—čŒå‰¤ã‚’æœį”¨ã—ãĻåą€éƒ¨ãŽį´°čŒãŽæ•°ã‚’減らしãĒがら、最įĩ‚įš„ãĢはį„ĄčŒįŠļ態で栚ãŖこãĢč–Ŧã‚’čŠ°ã‚ãĻ密封しぞす。 原因はã‚Ļã‚ŖãƒĢ゚や鉄分、ビã‚ŋミãƒŗ不čļŗ、゚トãƒŦ゚、įĄįœ ä¸čļŗãĒãŠč‰˛ã€…åŽŸå› ã¯ã‚ã‚Šãžã™ã€‚ īŧ‘īŧīŧ”īŧŽã†ãŒã„する うがいč–ŦでよくおåŖぎ中をæļˆæ¯’しãĻください。

æ‚Ŗ部ぎį´°čŒãŽé‡ã‚’減らす æŠ—čŒå‰¤ã‚‚æœ€čŋ‘ぎ量を減らしãĻį—‡įŠļをčģŊæ¸›ã™ã‚‹ãŽã§ã™ãŒã€æ­¯č‚‰ãŽč…Ģれぎ原因はīŧ™īŧīŧ…歯です。

17

最čŋ‘ではテãƒŦビぎCMで歯周į—…ãĢ劚く歯įŖ¨å‰¤ã¨ã‹ã‚ˆãč˛ŠåŖ˛ã•ã‚ŒãĻいぞすが、ã‚ŗãƒŦだけで 歯周į—…がæ˛ģることはįĩļ寞ãĢありぞせんぎで、åŋœæ€Ĩå‡ĻįŊŽã§į—›ãŋが和らいだらį›´ããĢ受č¨ēしぞしょうīŧīŧ č™Ģæ­¯īŧˆæ šãŖこぎ先ぎč†ŋīŧ‰ č™Ģæ­¯ãŒé€˛čĄŒã—ãĻしぞい、į´°čŒãŒæ­¯ãŽįĨžįĩŒãĢäžĩå…Ĩするとã‚ēキã‚ēã‚­ã—ãŸã˛ãŠã„į—›ãŋがでぞす。